WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.IsNonText method (Excel)

値の種類をチェックし、その値がテキスト以外の項目を参照しているかどうかに応じて、 TrueまたはFalseを返します。Checks the type of value and returns True or False depending on whether the value refers to any item that is not text. 値が空白セルを参照している場合、この関数はTrueを返します。(Note that this function returns True if value refers to a blank cell.)

構文Syntax

Isnontext(Arg1)expression.IsNonText (Arg1)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 値-テストする値を指定します。Value - the value that you want tested. 引数には、空白セル、エラー値、論理値、文字列、数値、セル参照、または対象となるデータを参照する名前を指定することができます。Value can be a blank (empty cell), error, logical, text, number, or reference value, or a name referring to any of these, that you want to test.

戻り値Return value

ブール型 (Boolean)Boolean

注釈Remarks

IS 関数に対する引数は自動的に変換されません。The value arguments of the IS functions are not converted. たとえば、数値が必要なその他のほとんどの関数では、テキスト値19が数値19に変換されます。For example, in most other functions where a number is required, the text value 19 is converted to the number 19. ただし、数式ISNUMBER("19")では、19はテキスト値から変換されず、 IsNumber関数はFalseを返します。However, in the formula ISNUMBER("19"), 19 is not converted from a text value, and the IsNumber function returns False.

IS 関数は、数式で計算結果を調べるために役立ちます。The IS functions are useful in formulas for testing the outcome of a calculation. IF 関数と組み合わせて使用すると、数式にエラーを配置するためのメソッドが提供されます。When combined with the IF function, they provide a method for locating errors in formulas.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.