WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Lookup method (Excel)

1 行または 1 列のみのセル範囲、または配列に含まれる値を返します。Returns a value either from a one-row or one-column range or from an array. Lookup関数には、ベクトル形式と配列形式という2つの構文形式があります。The Lookup function has two syntax forms: the vector form and the array form.

構文Syntax

Lookup(Arg1Arg2Arg3)expression.Lookup (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant 検査値-最初の**** ベクターで検索する値を指定します。Lookup_value - A value that Lookup searches for in the first vector. 検査値には、数値、文字列、論理値、または値を参照する名前やセル参照を指定することができます。Lookup_value can be a number, text, a logical value, or a name or reference that refers to a value.
Arg2Arg2 必須Required バリアント型Variant 検査範囲または配列-ベクトル形式では、1つの行または1つの列のみが含まれます。Lookup_vector or Array - In vector form, a range that contains only one row or one column. 検査範囲には、文字列、数値、または論理値を指定できます。The values in lookup_vector can be text, numbers, or logical values. 配列形式では、検査値と比較する文字列、数値、または論理値を含むセル範囲を指定します。In array form, a range of cells that contains text, numbers, or logical values that you want to compare with lookup_value.
Arg3Arg3 省略可能Optional VariantVariant Result_vector-ベクトル形式でのみ使用されます。Result_vector - Only used with the vector form. 1 行または 1 列のみの範囲を指定します。A range that contains only one row or column. 対応範囲は検査範囲と同じサイズあることが必要です。It must be the same size as lookup_vector.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

必要な操作If you want to 詳細については、See 使用方法Usage
1 行または 1 列のみのセル範囲 (ベクトル) を検査範囲として検査値を検索し、検査値が見つかると、セル範囲の次の行または列の同じ位置にある値を返すLook in a one-row or one-column range (known as a vector) for a value and return a value from the same position in a second one-row or one-column range ベクトル形式Vector form ベクトル形式の LOOKUP 関数を使用するのは、検索する値のリストが大きい場合や、値が経時変化する場合です。Use the vector form when you have a large list of values to look up or when the values may change over time.
配列の先頭行または先頭列で、指定された値を検索し、検査値が見つかると、配列の最終行または最終列の同じ位置の値を返すLook in the first row or column of an array for the specified value and return a value from the same position in the last row or column of the array 配列形式Array form 配列形式の LOOKUP 関数を使用するのは、検索する値のリストが小さい場合や、値が経時変化しない場合です。Use the array form when you have a small list of values and the values remain constant over time.

ベクトル形式Vector form

ベクトルとは、1 行または 1 列で構成されるセル範囲のことです。A vector is a range of only one row or one column. Lookupのベクトル形式は、値の1行または1列の範囲 (ベクトル) を検索し、2番目の1行または1列の範囲の同じ位置にある値を返します。The vector form of Lookup looks in a one-row or one-column range (known as a vector) for a value and returns a value from the same position in a second one-row or one-column range. 照合する値を含む範囲を指定する場合は、このLookup関数の形式を使用します。Use this form of the Lookup function when you want to specify the range that contains the values that you want to match. もう1つのLookupの形式では、最初の列または行が自動的に検索されます。The other form of Lookup automatically looks in the first column or row.

重要

検査範囲の値は、昇順で配置する必要があります。...、-2、-1、0、1、2、...、A ~ Z、FALSE、TRUE。それ以外の場合、 Lookupは適切な値を指定しません。The values in lookup_vector must be placed in ascending order: ...,-2, -1, 0, 1, 2, ..., A-Z, FALSE, TRUE; otherwise, Lookup may not give the correct value. 英字の大文字と小文字は区別されません。Uppercase and lowercase text are equivalent.

検査**** 値が見つからない場合は、検査範囲のうち、検査値以下の最大値に一致します。If Lookup can't find the lookup_value, it matches the largest value in lookup_vector that is less than or equal to lookup_value.

検査値が検査範囲に含まれる最小値より小さい場合、 lookupは #N/a エラー値を指定します。If lookup_value is smaller than the smallest value in lookup_vector, Lookup gives the #N/A error value.

配列フォームArray form

Lookupの配列形式は、指定された値について配列の最初の行または列を検索し、配列の最後の行または列の同じ位置にある値を返します。The array form of Lookup looks in the first row or column of an array for the specified value and returns a value from the same position in the last row or column of the array. 一致させる値が配列の最初の行または列にある場合は、この形式のLookupを使用します。Use this form of Lookup when the values that you want to match are in the first row or column of the array. 列または行の位置を指定する場合は、他の形式のLookupを使用します。Use the other form of Lookup when you want to specify the location of the column or row.

ヒント

通常、 Lookupの配列形式ではなく、 HLookup または**VLookup** 関数を使用することをお勧めします。In general, it's best to use the HLookup or VLookup function instead of the array form of Lookup. このLookupの形式は、他のスプレッドシートプログラムとの互換性を維持するために用意されています。This form of Lookup is provided for compatibility with other spreadsheet programs.

  • 検査**** 値が見つからない場合は、配列内で検査値以下の最大値を使用します。If Lookup can't find the lookup_value, it uses the largest value in the array that is less than or equal to lookup_value.

  • 検査値が最初の行または列の最小値よりも小さい場合 (配列の次元によって異なります)、 lookupは #N/a エラー値を返します。If lookup_value is smaller than the smallest value in the first row or column (depending on the array dimensions), Lookup returns the #N/A error value.

Lookupの配列形式は、 HLookup関数およびVLookup関数と非常によく似ています。The array form of Lookup is very similar to the HLookup and VLookup functions. 違いは、 HLookupが最初の行で検査値を検索**** し、最初の列で検索を**** 行い、配列の次元に従って検索を検索するということです。The difference is that HLookup searches for lookup_value in the first row, VLookup searches in the first column, and Lookup searches according to the dimensions of array.

  • 配列が高さ (行より列数の多い) より大きい領域を対象とする場合、 Lookupは最初の行で検査値を検索します。If array covers an area that is wider than it is tall (more columns than rows), Lookup searches for lookup_value in the first row.

  • 配列が正方形の場合、または幅が列より多い行よりも大きい場合**** は、最初の列で検索が検索されます。If array is square or is taller than it is wide (more rows than columns), Lookup searches in the first column.

  • HLookupおよびVLookupを使用すると、下または上にインデックスを作成できますが、 Lookupは常に行または列の最後の値を選択します。With HLookup and VLookup, you can index down or across, but Lookup always selects the last value in the row or column.

重要

配列の値は、昇順に配置する必要があります。...、-2、-1、0、1、2、...、A ~ Z、FALSE、TRUE。それ以外の場合、 Lookupは適切な値を指定しません。The values in array must be placed in ascending order: ...,-2, -1, 0, 1, 2, ..., A-Z, FALSE, TRUE; otherwise, Lookup may not give the correct value. 英字の大文字と小文字は区別されません。Uppercase and lowercase text are equivalent.

注意

Lookup関数を IF 関数の代わりとして使用して、複雑なテストやテストを7つ以上の条件で行うこともできます。You can also use the Lookup function as an alternative to the IF function for elaborate tests or tests for more than seven conditions. 「配列形式」の使用例を参照してください。See the examples in the array form.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.