WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.MMult method (Excel)

2 つの配列の行列積を返します。Returns the matrix product of two arrays. 計算結果は、行数が配列 1 と同じで、列数が配列 2 と同じ配列になります。The result is an array with the same number of rows as array1 and the same number of columns as array2.

構文Syntax

MMult(Arg1Arg2)expression.MMult (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1 - Arg2Arg1 - Arg2 必須Required VariantVariant 配列 1、配列 2: 行列積を求める 2 つの配列を指定します。Array1, array2 - the arrays you want to multiply.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

配列 1 の列数は、配列 2 の行数と等しい必要があります。また、両方の配列には数値だけが含まれている必要があります。The number of columns in array1 must be the same as the number of rows in array2, and both arrays must contain only numbers.

配列 1、配列 2 には、セル範囲、配列定数、またはその参照を指定します。Array1 and array2 can be given as cell ranges, array constants, or references.

MMultは #VALUE を返します。MMult returns the #VALUE! を返します。error when:

  • いずれかのセルが空白であるか、文字列が含まれている。Any cells are empty or contain text.

  • 配列 1 の列数が配列 2 の行数と異なる。The number of columns in array1 is different from the number of rows in array2.

  • 計算結果の配列が合計 5,461 セル以上になる。The size of the resulting array is equal to or greater than a total of 5,461 cells.

2つの配列_b_と_c_のマトリックス製品配列_a_は次のようになります。ここで、 _i_は行番号、 _j_は列番号です。The matrix product array a of two arrays b and c is as follows, where i is the row number, and j is the column number:

式

計算結果が配列となる数式は、配列数式として入力する必要があります。Formulas that return arrays must be entered as array formulas.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.