WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Nominal method (Excel)

指定された実効年利率と 1 年あたりの複利計算回数を元に、名目年利率を返します。Returns the nominal annual interest rate, given the effective rate and the number of compounding periods per year.

構文Syntax

公称(Arg1Arg2)expression.Nominal (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 実効利率: 実効年利率を指定します。Effect_rate - the effective interest rate.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 複利計算回数: 1 年あたりの複利計算回数を指定します。Npery - the number of compounding periods per year.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

複利計算回数に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。Npery is truncated to an integer.

引数に数値以外の値**** を指定すると、#VALUE が返されます。If either argument is nonnumeric, Nominal returns the #VALUE! が返されます。error value.

Effect_rate ≤0または実行効率 < 1 の場合、公称は #NUM を返します。If effect_rate ≤ 0 or if npery < 1, Nominal returns the #NUM! が返されます。error value.

次の式に示すように、公称は**効果** に関連しています。Nominal is related to Effect as shown in the following equation:

式

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.