WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Pearson method (Excel)

ピアソンの積率相関係数 r の値を返します。r は -1.0 から 1.0 の範囲の数値で、2 組のデータ間での線形相関の程度を示します。Returns the Pearson product moment correlation coefficient, r, a dimensionless index that ranges from -1.0 to 1.0 inclusive and reflects the extent of a linear relationship between two data sets.

構文Syntax

ピアソン(Arg1Arg2)expression.Pearson (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 配列 1: 複数の独立変数に対応するデータを指定します。Array1 - a set of independent values.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 配列 2: 複数の従属変数に対応するデータを指定します。Array2 - a set of dependent values.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。The arguments must be either numbers or names, array constants, or references that contain numbers.

引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。If an array or reference argument contains text, logical values, or empty cells, those values are ignored; however, cells with the value zero are included.

配列1と配列2が空の場合、またはデータ要素の**** 数が異なる場合は、#N/a エラー値が返されます。If array1 and array2 are empty or have a different number of data points, Pearson returns the #N/A error value.

ピアソンの積モーメントの相関係数 r を表す数式は次のとおりです。ここで、x は標本平均 average (配列 1)、y は標本平均 average (配列 2) です。The formula for the Pearson product moment correlation coefficient, r, is as follows, where x and y are the sample means AVERAGE(array1) and AVERAGE(array2):

式

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.