WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.StDev method (Excel)

引数を標本と見なし、標本に基づいて母集団の標準偏差の推定値を返します。Estimates standard deviation based on a sample. 標準偏差とは、統計的な対象となる値がその平均からどれだけ広い範囲に分布しているかを計量したものです。The standard deviation is a measure of how widely values are dispersed from the average value (the mean).

重要

この関数は、精度を向上させ、その使用法をより適切に表す名前を持つ1つ以上の新しい関数に置き換えられました。This function has been replaced with one or more new functions that may provide improved accuracy and whose names better reflect their usage. この関数は旧バージョンの Excel で引き続き利用可能ですが、This function is still available for compatibility with earlier versions of Excel. 下位互換性を確保する必要がない場合には、機能をより正確に表わす新しい関数を今後使用することをご検討ください。However, if backward compatibility is not required, you should consider using the new functions from now on, because they more accurately describe their functionality.

新しい関数の詳細については、 StDev_S メソッドを参照してください。For more information about the new function, see the StDev_S method.

構文Syntax

StDev(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6Arg7Arg8Arg9、 __ Arg10、 Arg11Arg12Arg13、 __ Arg14、Arg15 __、 Arg16Arg17Arg18Arg19Arg20Arg21Arg22Arg23Arg24Arg25Arg26Arg27、Arg28 __、 Arg29Arg30)expression.StDev (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg9, Arg10, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg17, Arg18, Arg19, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26, Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1 - Arg30Arg1 - Arg30 必須Required VariantVariant 母集団の標本に対応する数値 1 ~ 30 個の数値引数を指定します。Number1, number2... - 1 to 30 number arguments corresponding to a sample of a population. また、半角のコンマ (,) で区切られた数値の代わりに、配列またはセル範囲を指定することもできます。You can also use a single array or a reference to an array instead of arguments separated by commas.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

StDevは、引数が母集団のサンプルであることを前提としています。StDev assumes that its arguments are a sample of the population. データが母集団全体を表している場合は、 StDevPを使用して標準偏差を計算します。If your data represents the entire population, compute the standard deviation by using StDevP.

標準偏差は、非バイアス法または n-1 法を使って計算されます。The standard deviation is calculated using the "unbiased" or "n-1" method.

引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。Arguments can either be numbers or names, arrays, or references that contain numbers.

引数として指定した論理値、および、数値を表す文字列が計算の対象となります。Logical values and text representations of numbers that you type directly into the list of arguments are counted.

引数が配列またはセル範囲である場合、その中に含まれる数値だけが計算の対象となります。If an argument is an array or reference, only numbers in that array or reference are counted. 空白セル、論理値、文字列、またはエラー値はすべて無視されます。Empty cells, logical values, text, or error values in the array or reference are ignored.

エラー値または数値に変換できない文字列を引数に指定すると、エラーになります。Arguments that are error values or text that cannot be translated into numbers cause errors.

StDevメソッドは次の数式を使用します。ここで、x は標本平均 AVERAGE (数値 1, 数値 2,...)、n は標本数です。StDev uses the following formula, where x is the sample mean AVERAGE(number1,number2,...) and n is the sample size:

式

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.