WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.T_Dist_RT method (Excel)

指定された数値 (x) が、パーセンテージポイントが計算される t の計算値の場合、両側のスチューデントの t 分布を返します。Returns the right-tailed Student t-distribution where a numeric value (x) is a calculated value of t for which the Percentage Points are to be computed. T 分布は、小規模なサンプルデータセットの仮説テストで使用されます。The t-distribution is used in the hypothesis testing of small sample data sets. この関数は、t 分布の重要な値の表の代わりに使用します。Use this function in place of a table of critical values for the t-distribution.

構文Syntax

T_Dist_RT(Arg1Arg2)expression.T_Dist_RT (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required DoubleDouble x: t 分布を計算する数値を指定します。X - The numeric value at which to evaluate the distribution.
Arg2Arg2 必須Required DoubleDouble 自由度: 分布の自由度を整数で指定します。Degrees_freedom - An integer that indicates the number of degrees of freedom.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

引数に数値以外の値を指定すると、 T_Dist_RTは #VALUE を返します。If any argument is non-numeric, T_Dist_RT returns the #VALUE! が返されます。error value.

自由度 < 1 の場合、 T_Dist_RTは #NUM を返します。If degrees_freedom < 1, T_Dist_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

自由度、尾部に小数点以下の値を指定しても切り捨てられます。The degrees_freedom and tails arguments are truncated to integers.

尾部に1または2以外のT_Dist_RTを指定すると、#NUM が返されます。If tails is any value other than 1 or 2, T_Dist_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

X < 0 の場合、 T_Dist_RTは #NUM を返します。If x < 0, T_Dist_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

尾部 = 1 の場合、 T_Dist_RTはとT_DIST_RT = P(X>x)して計算されます。ここで、X は T 分布に従うランダムな変数です。If tails = 1, T_Dist_RT is calculated as T_DIST_RT = P(X>x), where X is a random variable that follows the t-distribution.

尾部 = 2 で**** ある場合、T_Dist_RT T_DIST_RT = P(|X| > x) = P(X > x or X < -x)はとして計算されます。If tails = 2, T_Dist_RT is calculated as T_DIST_RT = P(|X| > x) = P(X > x or X < -x).

X < 0 は許可されていないため、x < 0 でT_Dist_RTT_DIST_RT(-x,df) = 1 – T_DIST_RT(x,df) = P(X > -x)使用T_DIST_2T(-x,df) = T_DIST_2T(x df) = P(|X| > x)するには、およびに注意してください。Because x < 0 is not allowed, to use T_Dist_RT when x < 0, note that T_DIST_RT(-x,df) = 1 – T_DIST_RT(x,df) = P(X > -x) and T_DIST_2T(-x,df) = T_DIST_2T(x df) = P(|X| > x).

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.