WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.T_Test method (Excel)

スチューデントの t 分布に従う確率を返します。Returns the probability associated with a Student t-Test. T_Testを使用して、同じ意味を持つ2つの基になる母集団から2つのサンプルが発生する可能性があるかどうかを判断します。Use T_Test to determine whether two samples are likely to have come from the same two underlying populations that have the same mean.

構文Syntax

T_Test(Arg1Arg2Arg3Arg4)expression.T_Test (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 配列 1: 一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。Array1 - The first data set.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 配列 2: もう一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。Array2 - The second data set.
Arg3Arg3 必須Required DoubleDouble 尾部-分布の尾部の数を指定します。Tails - Specifies the number of distribution tails. 尾部が1の場合、 T_Testは片側分布を使用します。If tails = 1, T_Test uses the one-tailed distribution. 尾部が2の場合、 T_Testは両側分布を使用します。If tails = 2, T_Test uses the two-tailed distribution.
Arg4Arg4 必須Required DoubleDouble 検定の種類: 実行する t 検定の種類を数値で指定します。Type - The kind of t-Test to perform.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

次の表は、 _Arg4_で使用可能な値を示しています。The following table represents possible values for Arg4.

検定の種類If type equals 働きThis test is performed
1-d1 対をなすデータの t 検定Paired
pbm-22 等分散の 2 標本を対象とする t 検定Two-sample equal variance (homoscedastic)
1/33 非等分散の 2 標本を対象とする t 検定Two-sample unequal variance (heteroscedastic)

配列1と配列2のデータの個数が異なる場合、type = 1 ( T_Test ) を指定すると、#N/a エラー値が返されます。If array1 and array2 have a different number of data points, and type = 1 (paired), T_Test returns the #N/A error value.

尾部と検定の種類に小数点以下の値を指定しても切り捨てられます。The tails and type arguments are truncated to integers.

尾部または type が数値以外の場合、 T_Testは #VALUE を返します。If tails or type is non-numeric, T_Test returns the #VALUE! が返されます。error value.

尾部に1または2以外のT_Testを指定すると、#NUM が返されます。If tails is any value other than 1 or 2, T_Test returns the #NUM! が返されます。error value.

T_Testは、配列1と配列2のデータを使用して、負ではない T 統計を計算します。T_Test uses the data in array1 and array2 to compute a non-negative t-statistic. 尾部 = 1 である場合、 T_Testは、配列1と配列2が同じ意味の母集団の標本であると仮定して、T 統計値の上位の確率を返します。If tails=1, T_Test returns the probability of a higher value of the t-statistic under the assumption that array1 and array2 are samples from populations with the same mean.

T_Testの戻り値は、尾が1のときに返される倍精度の値であり、"同じ母集団の仮定" という前提の下にある T 統計値の高い確率に相当します。The value returned by T_Test when tails=2 is double that returned when tails=1 and corresponds to the probability of a higher absolute value of the t-statistic under the "same population means" assumption.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.