WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Transpose method (Excel)

配列の縦方向と横方向のセル範囲の変換を行います。Returns a vertical range of cells as a horizontal range, or vice versa. 配列に列と行がある場合、転置は、同じ数の行と列を持つ範囲の配列数式として入力する必要があります。Transpose must be entered as an array formula in a range that has the same number of rows and columns, respectively, as an array has columns and rows. 転置を使用して、ワークシート上の配列を垂直方向および水平方向にシフトします。Use Transpose to shift the vertical and horizontal orientation of an array on a worksheet.

構文Syntax

転置(Arg1)expression.Transpose (Arg1)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 配列: 行列変換を行うワークシートの配列またはセル範囲を指定します。Array - an array or range of cells on a worksheet that you want to transpose. 配列の行列変換を行うと、元の配列の第 1 行が新しい配列の第 1 列になり、元の配列の第 2 行が新しい配列の第 2 列 (以下同様) になります。The transpose of an array is created by using the first row of the array as the first column of the new array, the second row of the array as the second column of the new array, and so on.

戻り値Return value

VariantVariant

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.