WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Vdb method (Excel)

倍額定率法または指定した他の方法を使用して、部分的な期間を含め、指定した期間における資産の減価償却費を返します。Returns the depreciation of an asset for any period that you specify, including partial periods, by using the double-declining balance method or some other method that you specify. Vdbは、変数辞退のバランスを表します。Vdb stands for variable declining balance.

構文Syntax

Vdb(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6Arg7)expression.Vdb (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required DoubleDouble 取得価額: 資産を購入した時点での価格を指定します。Cost - the initial cost of the asset.
Arg2Arg2 必須Required DoubleDouble 残存価額: 耐用年数が終了した時点での資産の価格を指定します。Salvage - the value at the end of the depreciation (sometimes called the salvage value of the asset). 0 (ゼロ) を指定することもできます。This value can be 0.
Arg3Arg3 必須Required DoubleDouble 耐用年数: 資産を使用できる年数、つまり償却の対象となる資産の寿命年数を指定します。Life - the number of periods over which the asset is depreciated (sometimes called the useful life of the asset).
Arg4Arg4 必須Required DoubleDouble 開始期: 減価償却費の計算の対象となる最初の期を指定します。Start_period - the starting period for which you want to calculate the depreciation. 開始期は耐用年数と同じ単位で指定してください。Start_period must use the same units as life.
Arg5Arg5 必須Required DoubleDouble 終了期: 減価償却費の計算の対象となる最後の期を指定します。End_period - the ending period for which you want to calculate the depreciation. 終了期は耐用年数と同じ単位で指定してください。End_period must use the same units as life.
Arg6Arg6 省略可能Optional VariantVariant 率: 減価償却率を指定します。Factor - the rate at which the balance declines. 率を省略すると、2 を指定したと見なされ、倍額定率法で計算が行われます。If factor is omitted, it is assumed to be 2 (the double-declining balance method). 倍額定率法を使用しない場合は、率を指定します。Change factor if you do not want to use the double-declining balance method. 倍額定率法の説明については、「 Ddb」を参照してください。For a description of the double-declining balance method, see Ddb.
Arg7Arg7 省略可能Optional VariantVariant 切り替えなし: 減価償却費が定率法による計算の結果より大きくなったときに、自動的に定額法に切り替えるかどうかを、論理値で指定します。No_switch - a logical value specifying whether to switch to straight-line depreciation when depreciation is greater than the declining balance calculation.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

切り替えなしにTrueを指定すると、減価償却費が定率法による計算の結果より大きくなっても、定額法への切り替えは行われません。If no_switch is True, Microsoft Excel does not switch to straight-line depreciation even when the depreciation is greater than the declining balance calculation.

切り替えなしにFalseを指定するか省略すると、減価償却費が定率法による計算の結果より大きくなった場合に、定額法に切り替わります。If no_switch is False or omitted, Excel switches to straight-line depreciation when depreciation is greater than the declining balance calculation.

切り替えなし以外の引数は、必ず正の数で指定してください。All arguments except no_switch must be positive numbers.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.