WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.WorkDay method (Excel)

開始日から起算して、指定された稼動日数だけ前または後の日付に対応する値を返します。Returns a number that represents a date that is the indicated number of working days before or after a date (the starting date). 稼動日とは、土曜、日曜、および指定された祭日を除く日のことです。Working days exclude weekends and any dates identified as holidays. [ **** 日] を使用して、請求書の期日、出荷予定時間、または作業日数を計算するときに、週末または祭日を除外します。Use WorkDay to exclude weekends or holidays when you calculate invoice due dates, expected delivery times, or the number of days of work performed.

構文Syntax

WorkDay(Arg1Arg2Arg3)expression.WorkDay (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant 開始日: 起算日を表す日付を指定します。Start_date - a date that represents the start date.
Arg2Arg2 必須Required バリアント型Variant 日数: 開始日から起算して、週末や祭日を除く週日の日数を指定します。Days - the number of nonweekend and nonholiday days before or after start_date. 日数に正の数を指定すると、起算日より後の日付となり、負の数を指定すると、起算日より前の日付となります。A positive value for days yields a future date; a negative value yields a past date.
Arg3Arg3 省略可能Optional VariantVariant 祭日-勤務先のカレンダーから除外する1つまたは複数の日付の省略可能なリストを指定します (州、連邦休日、流動休日など)。Holidays - an optional list of one or more dates to exclude from the working calendar, such as state and federal holidays and floating holidays. リストには、日付を含むセルの範囲、または日付を表すシリアル番号の配列定数のいずれかを指定できます。The list can be either a range of cells that contain the dates or an array constant of the serial numbers that represent the dates.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

重要

日付は、DATE 関数を使って入力するか、他の数式または他の関数の結果を指定します。Dates should be entered by using the DATE function, or as results of other formulas or functions. たとえば、2008 年 5 月 23 日を入力する場合は、DATE (2008,5,23) を使用します。For example, use DATE(2008,5,23) for the 23rd day of May, 2008. 日付を文字列として入力した場合、エラーが発生することがあります。Problems can occur if dates are entered as text .

Excel では、日付は集計に使用できるようにシリアル値として格納されます。Microsoft Excel stores dates as sequential serial numbers so they can be used in calculations. 既定では、1900 年 1 月 1 日のシリアル値は 1、2008 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 39,448 日後であるためシリアル値は 39,448 になります。By default, January 1, 1900 is serial number 1, and January 1, 2008 is serial number 39448 because it is 39,448 days after January 1, 1900. Macintosh 版の Excel では、既定とは異なる日付システムが使用されます。Microsoft Excel for the Macintosh uses a different date system as its default.

注意

Visual Basic for Applications (VBA) では、Excel と異なる方法でシリアル日付が計算されます。Visual Basic for Applications (VBA) calculates serial dates differently than Excel. VBA では、シリアル日付値 1 は 1900 年 1 月 1 日ではなく、1899 年 12 月 31 日に該当します。In VBA, serial number 1 is December 31, 1899, rather than January 1, 1900.

引数に無効な日付を指定すると**** 、#VALUE が返されます。If any argument is not a valid date, WorkDay returns the #VALUE! が返されます。error value.

開始日と日数が無効な日付である場合、 WorkDayは #NUM を返します。If start_date plus days yields an invalid date, WorkDay returns the #NUM! が返されます。error value.

日数に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。If days is not an integer, it is truncated.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.