WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.ZTest method (Excel)

z 検定の片側確率の値を返します。Returns the one-tailed probability-value of a z-test. 指定した仮説の母集団平均に対して、 ZTestは、標本平均がデータセット (配列) 内の観測値の平均より大きい確率を返します。つまり、観測されたサンプル平均です。For a given hypothesized population mean, ZTest returns the probability that the sample mean would be greater than the average of observations in the data set (array); that is, the observed sample mean.

重要

この関数は、精度を向上させ、その使用法をより適切に表す名前を持つ1つ以上の新しい関数に置き換えられました。This function has been replaced with one or more new functions that may provide improved accuracy and whose names better reflect their usage. この関数は旧バージョンの Excel で引き続き利用可能ですが、This function is still available for compatibility with earlier versions of Excel. 下位互換性を確保する必要がない場合には、機能をより正確に表わす新しい関数を今後使用することをご検討ください。However, if backward compatibility is not required, you should consider using the new functions from now on, because they more accurately describe their functionality.

新しい関数の詳細については、 Z_Test メソッドを参照してください。For more information about the new function, see the Z_Test method.

構文Syntax

ZTest(Arg1Arg2Arg3)expression.ZTest (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant _配列_は、母集団平均の検定対象となるデータの配列または範囲です。Array is the array or range of data against which to test the hypothesized population mean.
Arg2Arg2 必須Required DoubleDouble 検定する値を指定します。The value to test.
Arg3Arg3 省略可能Optional VariantVariant _Sigma_は母集団 (既知) の標準偏差です。Sigma is the population (known) standard deviation. 省略すると、標本に基づく標準偏差が使用されます。If omitted, the sample standard deviation is used.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

_配列_に empty を指定**** すると、#N/a エラー値が返されます。If array is empty, ZTest returns the #N/A error value.

_Sigma_が省略されている場合、 ZTestは次のように計算されます。ZTest is calculated as follows when sigma is not omitted:

式

**** 引数_sigma_を省略した場合は、次の数式で表されます。ここで、 _x_は標本平均 AVERAGE (配列)、 _s_は標本標準偏差 STDEV (配列)、 _n_は標本数 (配列):ZTest is calculated as follows when sigma is omitted, where x is the sample mean AVERAGE(array), s is the sample standard deviation STDEV(array), and n is the number of observations in the sample COUNT(array):

式

ZTestは、基になる母集団の平均がμ0である場合に、観測値 AVERAGE (配列) よりも大きい確率を表します。ZTest represents the probability that the sample mean would be greater than the observed value AVERAGE(array), when the underlying population mean is μ0. 正規分布の対称性から、AVERAGE (配列) < μ0である場合、 ZTest関数は0.5 より大きい値を返します。From the symmetry of the Normal distribution, if AVERAGE(array) < μ0, ZTest will return a value greater than 0.5.

次の Excel の数式を使用すると、基になる母集団の平均がμ0である場合に、AVERAGE (配列) よりもμ 0 (いずれかの方向) からさらに標本平均が発生する両側確率を計算することができます。The following Excel formula can be used to calculate the two-tailed probability that the sample mean would be further from μ0 (in either direction) than AVERAGE(array), when the underlying population mean is μ0:

=2 * MIN(ZTEST(_array_,μ0,_sigma_), 1 - ZTEST(_array_,μ0,_sigma_)).

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.