XmlMap.Import メソッド (Excel)

指定した XML データ ファイルから、指定した XmlMap オブジェクトにマップされているセルにデータ をインポート します。

構文

.インポート (Url, 上書き)

XmlMap オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Url 必須 String インポートする XML データのパスを指定します。 このパスは、Uniform Resource Locator (URL) または汎用名前付け規則 (UNC) の形式で指定できます。 XML データ ファイルを使用できます。
Overwrite 省略可能 Variant 既存のデータを上書きするには、True に設定します。 既存のデータを上書きするには、False に設定します。 既定値は False です。

戻り値

メソッド の結果を示す XlXmlImportResult 値。

解説

次のいずれかの条件が True の 場合、実行時エラーが発生します。 複数の条件が True の場合、Excelは最も重大な実行時エラーを返します (最も重大なエラーが最初に一覧表示されます)。

  • XML データに構文エラーがある場合。
  • すべてのデータがワークシートに収まらないため、インポートが取り消された場合。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。