CommandBars オブジェクト (Office)

コンテナー アプリケーションのコマンド バーを表す CommandBar オブジェクトのコレクションです。

注意

[!メモ] 一部の Microsoft Office アプリケーションにおける CommandBars の使用方法が、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの新しいリボン コンポーネントによって置き換えられました。 詳細については、「Fluent リボンの概要」Office参照してください

CommandBars コレクションを返すには、 CommandBars プロパティを使用します。 次の例は、各メニュー バーとツールバーの名前とローカル名の両方を [ イミディエイト] ウィンドウに表示し、そのメニュー バーまたはツールバーが表示されているかどうかを表す値を表示します。

For Each cbar in CommandBars 
    Debug.Print cbar.Name, cbar.NameLocal, cbar.Visible 
Next

コレクションに新しいコマンド バーを追加するには、 Add メソッドを使用します。 次の使用例は 、Custom1 という名前のカスタム ツールバーを作成し、フローティング ツールバーとして表示します。

Set cbar1 = CommandBars.Add(Name:="Custom1", Position:=msoBarFloating) 
cbar1.Visible = True

単一の CommandBar オブジェクトを取得するには、 コマンド バーの名前またはインデックス番号が index である enumName を使用 します。 次の使用例は、アプリケーション ウィンドウの下部に Custom1 という名前のツール バーをドッキングします。

CommandBars("Custom1").Position = msoBarBottom

注意

[!メモ] 名前またはインデックス番号を使用して、コンテナー アプリケーションで使用可能なメニュー バーおよびツールバーの一覧からメニューまたはツールバーを指定することができます。 ただし、メニュー、ショートカット メニュー、またはサブメニュー ( CommandBar オブジェクトで表されるすべて) を指定するには、名前を使用する必要があります。 ユーザー設定のメニューまたはサブメニューのうち、名前の同じものが複数ある場合、enumName は先頭のものを返します。 正しいメニューまたはサブメニューを確実に返す場合は、そのメニューを表示するポップアップ コントロールを探します。 次に 、CommandBar プロパティをポップアップ コントロールに適用して、そのメニューを表すコマンド バーを返します。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。