IRibbonControl オブジェクト (Office)IRibbonControl object (Office)

Office Fluent リボン拡張機能を使用してカスタマイズできる、リボンまたは別のユーザー インターフェイス上のコントロールのコールバック プロシージャに渡されるオブジェクトを表します。Represents the object passed into the callback procedure of a control in a ribbon or another user interface that can be customized by using Office Fluent ribbon extensibility.

注釈Remarks

IRibbonControlオブジェクトには、コントロールの名前 (ID) と、リボン UI コントロールの現在のWindowオブジェクトが含まれています。The IRibbonControl object contains the name (ID) of the control and the current Window object for the Ribbon UI control.

Example

C# で記述された次の例では、ボタンコントロールとToggleButtonコントロールのonActionイベントプロシージャから呼び出される2つのプロシージャを示します。The following example, written in C#, shows two procedures called from the onAction event procedure of a Button control and a ToggleButton control.

最初のプロシージャでは、コントロールを表すIRibbonControlオブジェクトがプロシージャに渡され、ボタンの ID と共にボタンが押されたことを示すメッセージボックスが表示されます。In the first procedure, the IRibbonControl object representing the control is passed into the procedure, and a message box is displayed indicating that the button was pressed along with the ID of the button.

2 つ目のプロシージャも最初のものに似ていますが、そのボタンが押されていることを示す Boolean パラメーターが追加されています。The second procedure is similar to the first with the addition of a Boolean parameter indicating that the button was pressed.

public void ButtonOnAction(IRibbonControl control) 
{ 
 MessageBox.Show("Button clicked: " + control.Id); 
} 
 
public void ToggleButtonOnAction(IRibbonControl control, bool pressed) 
{ 
...if (pressed) 
 MessageBox.Show("ToggleButton was switched on."); 
 else 
 MessageBox.Show("ToggleButton was switched off."); 
}

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.