ContactItem.Email3AddressType プロパティ (Outlook)

連絡先の 3 番目の 電子 メール エントリのアドレスの種類 (EX や SMTP など) を表す文字列型 (String) を設定または返します。 値の取得と設定が可能です。

構文

expression. Email3AddressType

ContactItemオブジェクトを表す変数。

解説

これは自由形式のテキスト フィールドですが、既存のメール トランスポートの実際の種類と一致する必要があります。

このVisual Basic for Applications (VBA) の使用例は、連絡先の 3 番目のメール エントリのアドレスの種類として "SMTP" を設定します。

Sub SetType() 
 
 Dim myItem As ContactItem 
 
 
 
 Set myItem = Application.CreateItem(olContactItem) 
 
 myItem.Email3Address = "someone@example.com" 
 
 myItem.Email3AddressType = "SMTP" 
 
 myItem.Display 
 
End Sub

関連項目

ContactItem オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。