Frame オブジェクト (Outlook フォーム スクリプト)

外観や機能に従ってコントロールをグループ分けします。

解説

All option buttons in a Frame are mutually exclusive, so you can use the Frame to create an option group. You can also use a Frame to group controls with closely related contents.For example, in an application that processes customer orders, you might use a Frame to group the name, address, and account number of customers.

フレーム ( Frame) コントロールを使用して、トグル ボタン ( ToggleButton ) コントロールのグループを作成することもできます。この場合は、一度に複数のボタンを選択できます。

常にいずれか 1 つだけを選択できるオプション ボタン ( OptionButton ) コントロールのグループを作成するには、フォーム上のフレーム ( Frame) コントロール内にボタンを配置するか、または OptionButton.GroupName プロパティを使用します。

イベント

名前 説明
Click ユーザーがコントロール内部をクリックしたときに発生します。

メソッド

名前 説明
Copy オブジェクトの内容をクリップボードにコピーします。
Cut 選択されている情報をオブジェクトから削除し、クリップボードに転送します。
Paste クリップボードの内容をオブジェクトに転送します。
RedoAction 最新の [元に戻す] アクションの効果を 元に戻 します。
Repaint フレームを描画し直して、表示内容を更新します。
Scroll オブジェクトのスクロール バーを移動します。
SetDefaultTabOrder 既定のタブ オーダーの規則 (上から下、左から右) に従って、フレームまたはページ上のそれぞれのコントロールの TabIndex プロパティを設定します。
UndoAction 直前のアクションを取り消します。ただし、取り消すことができるアクションは [元に戻す] コマンドに対応しているものに限られます。

プロパティ

名前 説明
ActiveControl フォーカスがあるオブジェクト ( Object) を返します。 値の取得のみ可能です。
BackColor オブジェクトの背景色を指定する長整数型 ( Long) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BorderColor オブジェクトの境界線の色を指定する長整数型 ( Long) を設定します。 値の取得および設定が可能です。
BorderStyle コントロールの境界線の種類を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
CanPaste オブジェクトがサポートするデータをクリップボードに含めるかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
CanRedo 最新の 元に戻 す操作を元に戻す方法を指定 するブール型 (Boolean) の値を返します。 読み取り専用です。
CanUndo 最後のユーザー操作を取り消すことができるかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
Caption 識別または説明のためオブジェクト上に表示される、文字列型 ( String) の値を取得または設定します。 値の取得および設定が可能です。
Cycle フレームに入れ子 になった コントロールを循環に含むかどうかを指定する整数型 (Integer) の値を取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。
Enabled コントロールがフォーカスを受信し、ユーザーが生成するイベントに対応できるようにするかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
ForeColor オブジェクトの前景色を指定する長整数型 ( Long) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
InsideHeight Frame 内の クライアント 領域の高さをポイントで 指定する長い値を返 します。 読み取り専用です。
InsideWidth Frame 内の クライアント 領域の幅をポイント単位 で指定する長い値を返 します。 読み取り専用です。
KeepScrollBarsVisible 不要な場合でもスクロール バーを表示しておくかどうかを指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
MouseIcon コントロールに割り当てられるカスタム アイコンの完全パス名を表す文字列型 ( String) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
MousePointer ユーザーがマウスを特定のオブジェクトに重ねたときに表示するポインターの種類を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
Picture コントロールに表示するビットマップの完全パス名を表す文字列型 ( String) の値を返します。 値の取得のみ可能です。
PictureAlignment 背景ピクチャの場所を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
PictureSizeMode フレーム ( Frame ) コントロールにおいて背景ピクチャの表示方法を指定する整数型 ( Integer) の値を取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。
PictureTiling オブジェクトの背景にピクチャを繰り返し表示するかどうかを指定するブール型 ( Boolean) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
ScrollBars コントロールが垂直、水平、または両方のスクロール バーを持つかどうかを指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
ScrollHeight Frame のスクロール バーを移動 して表示できる合計領域 の高さをポイントで指定する単一の値を取得または設定 します。 値の取得と設定が可能です。
ScrollLeft Frame の左端から表示されるフォームの左側の端 までの距離をポイントで指定する単一型 (Single) の値を取得または設定 します。 値の取得と設定が可能です。
ScrollTop Frame の上端から見えるフォームの上端までの 距離をポイントで指定する単一型 (Single) の値を取得または設定 します。 値の取得と設定が可能です。
ScrollWidth Frame のスクロール バーを移動して表示できる合計領域 の幅をポイント単位で指定する単一型 (Single) の値を取得または設定 します。 値の取得と設定が可能です。
SpecialEffect オブジェクトの外観を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。
VerticalScrollBarSide フレームの右側または左側に垂直スクロール バーを表示するかどうかを示す整数型 ( Integer) の値を取得または設定します。 値の取得および設定が可能です。
拡大 画像を拡大または縮小表示する割合 (パーセント) を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得および設定が可能です。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。