SetSchedulingStartTime メソッド (Outlook)Inspector.SetSchedulingStartTime method (Outlook)

インスペクターの [スケジュールアシスタント] タブで、空き時間グリッドに会議アイテムの開始時刻を設定します。Sets the start time for a meeting item in the free/busy grid on the Scheduling Assistant tab of the inspector.

構文Syntax

expression. SetSchedulingStartTime( _Start_ )

'Inspector' オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents an 'Inspector' object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
StartStart 必須Required DateDate インスペクターの [スケジュールアシスタント] タブに会議出席者の空き時間情報が表示される時間範囲の開始時刻。The beginning of the time range that the Scheduling Assistant tab of the inspector displays free/busy times for meeting attendees.

注釈Remarks

親**Inspector** オブジェクトの**CurrentItem** プロパティによって指定されるオブジェクトは、 AppointmentItem または**MeetingItem** である必要があります。The object specified by the CurrentItem property of the parent Inspector object must be an AppointmentItem or MeetingItem. インスペクターで、[ スケジュール アシスタント] タブを表示する必要があります、それ以外の場合、 Microsoft Outlookエラーが発生します。The Scheduling Assistant tab must be displayed in the inspector, otherwise Microsoft Outlook raises an error. Outlook は、その項目の種類の [ スケジュール アシスタント] タブを表示できない場合次のエラーが表示されます: スケジュールの開始時刻は、スケジュール アシスタント会議アイテムに表示される場合にのみ設定できますIf Outlook cannot display the Scheduling Assistant tab for that item type, Outlook displays the following error: The scheduling start time can only be set when the Scheduling Assistant is displayed on a meeting item.

Example

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) のコード例は、 SetSchedulingStartTimeメソッドを使用して、 AppointmentItemの [スケジュールアシスタント] タブでスケジュールの開始時刻を設定する方法を示しています。The following code sample in Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) shows how to use the SetSchedulingStartTime method to set the scheduling start time on the Scheduling Assistant tab of an AppointmentItem. 予定の開始時刻は今から 1 か月に設定し、スケジュールの開始時間が今から 1 か月に設定されてもします。The appointment start time is set to one month from now, and the scheduling start time is also set to one month from now.

Sub DemoSetSchedulingStartTime() 
 
 Dim oAppt As Outlook.AppointmentItem 
 
 Dim oInsp As Outlook.inspector 
 
 
 
 ' Create and display appointment. 
 
 Set oAppt = Application.CreateItem(olAppointmentItem) 
 
 oAppt.MeetingStatus = olMeeting 
 
 oAppt.Subject = "Test Appointment" 
 
 oAppt.Start = DateAdd("m", 1, Now) 
 
 ' Display the appointment in the Appointment tab of the inspector. 
 
 oAppt.Display 
 
 
 
 Set oInsp = oAppt.GetInspector 
 
 ' Switch to the Scheduling Assistant tab in that inspector. 
 
 oInsp.SetCurrentFormPage ("Scheduling Assistant") 
 
 ' Set the appointment start time in the Scheduling Assistant. 
 
 oInsp.SetSchedulingStartTime (DateAdd("m", 1, Now)) 
 
End Sub

関連項目See also

Inspector オブジェクトInspector Object

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.