MailItem イベント (Outlook)MailItem.Open event (Outlook)

親オブジェクトのインスタンスを Inspector で開こうとすると発生します。Occurs when an instance of the parent object is being opened in an Inspector.

構文Syntax

開く(キャンセル)expression.Open (Cancel)

expressionMailItem オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a MailItem object.

ParametersParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
CancelCancel 必須Required ブール型 (Boolean)Boolean (未使用の vbscript)。(Not used in VBScript). False イベントが発生します。False when the event occurs. イベント プロシージャでこの引数に True を設定する場合ファイルを開く操作は完了せず、インスペクターが表示されていません。If the event procedure sets this argument to True, the open operation is not completed and the inspector is not displayed.

注釈Remarks

このイベントが発生すると、 Inspectorオブジェクトが初期化されますが、まだ表示されていません。When this event occurs, the Inspector object is initialized but not yet displayed. Open イベントは Read イベントと似ていますが、Read イベントは、インスペクターでアイテムが開かれるときだけでなく、直接編集に対応しているビューでユーザーがアイテムを選択するときにも発生します。The Open event differs from the Read event in that Read occurs whenever the user selects the item in a view that supports in-cell editing as well as when the item is being opened in an inspector.

Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) の場合、この関数の戻り値をFalseに設定すると、開く操作は完了せず、インスペクターは表示されません。In Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript), if you set the return value of this function to False, the open operation is not completed and the inspector is not displayed.

Example

この Visual Basic for Applications (VBA) の例では、 Openイベントを使用して、アイテムが開かれるたびに [すべてのフィールド] ページを表示します。This Visual Basic for Applications (VBA) example uses the Open event to display the "All Fields" page every time the item is opened.

Public WithEvents myItem As Outlook.MailItem 
 
 
 
Sub Initialize_handler() 
 
 Set myItem = Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox).Items(1) 
 
 myItem.Display 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub myItem_Open(Cancel As Boolean) 
 
 myItem.GetInspector.SetCurrentFormPage "All Fields" 
 
End Sub

この Visual Basic for Applications の例では、未読 のプロパティを使用して、アイテムが既に開封されているかどうかを検出します。This Visual Basic for Applications example uses the Unread property to detect whether the item has been previously read. 場合は、ユーザーがそれを開くしようとしたかどうかに聞いてきます。If it has, then it asks if the user wants to open it. 場合は、ユーザーが [いいえ、戻り値は項目を開かないようにするのには False に設定します。If the user answers No, the return value is set to False to prevent the item from opening.

Public WithEvents myItem As Outlook.MailItem 
 
 
 
Sub Initialize_handler() 
 
 Set myItem = Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox).Items(1) 
 
 myItem.Display 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub myItem_Open(Cancel As Boolean) 
 
 Dim mymsg As String 
 
 If myItem.UnRead = False Then 
 
 mymsg = "You have already read this message. Do you want to open this message again?" 
 
 If MsgBox(mymsg, 4) = 6 Then 
 
 Cancel = False 
 
 Else 
 
 Cancel = True 
 
 End If 
 
 End If 
 
End Sub

関連項目See also

MailItem オブジェクトMailItem Object

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.