Page.Scroll メソッド (Outlook フォーム スクリプト)

オブジェクトのスクロール バーを移動します。

構文

.Scroll(xAction, yAction)

Page オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
xAction 省略可能 Variant 水平方向のアクションを指定します。
yAction 省略可能 Variant 垂直方向のアクションを指定します。

解説

xAction と yAction の設定は次 のとおりです。

説明
0 指定した方向にスクロールしません。
1 垂直スクロール バーの場合は上に、水平スクロール バーの場合は左に移動します。 キーボードの上または左の方向キーを押してスクロール バーを移動するときと同等の動作です。
2 垂直スクロール バーの場合は下に、水平スクロール バーの場合は右に移動します。 キーボードの右または下の方向キーを押してスクロール バーを移動するときと同等の動作です。
3 垂直スクロール バーの場合は上に、水平スクロール バーの場合は左に 1 ページ分移動します。 移動は、キーボードの PAGE UP キー を押してスクロール バーを移動するのと同じです。
4 垂直スクロール バーの場合は下に、水平スクロール バーの場合は右に 1 ページ分移動します。 移動は、キーボードの PAGE DOWN キーを押 してスクロール バーを移動するのと同じです。
5 垂直スクロール バーの場合は、一番上まで移動します。水平スクロール バーの場合は、一番左まで移動します。
6 垂直スクロール バーの場合は一番下に、水平スクロール バーの場合は右端に移動します。

Scroll メソッドは、表示領域よりも大きな Page 上に現れるスクロール バーに対して適用されます。 このメソッドは、スタンドアロンのスクロール バー ( ScrollBar ) コントロール、またはテキスト ボックス ( TextBox ) コントロールに表示されるスクロール バーには適用されません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。