TextBox.MultiLine プロパティ (Outlook フォーム スクリプト)

コントロール内にテキスト複数行の入力および表示が可能かどうかを示す、ブール型 ( Boolean) の値を取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.MultiLine

expression TextBox オブジェクトを表す変数。

解説

True の場合は、テキストが複数行にわたって表示されます (既定)。 Falase の場合、複数行の文字列の取得と表示を許可しません。

複数行 の TextBox を使用 すると、絶対改行が可能で、保持するテキストの量に合わせて行の量を調整します。 複数行のコントロールでは、必要に応じて、垂直方向のスクロール バーを使用できます。

単一行の TextBox では、改行は使用できず、垂直方向のスクロール バーは使用されません。

MultiLine プロパティと WordWrap プロパティをサポートするコントロールの 場合、MultiLine が False の場合 、WordWrap 無視 されます

単一行のコントロールでは、 WordWrap プロパティの値は無視されます。

複数行 の TextBox で MultiLine を False に変更すると 、TextBox 内のすべての文字が 1 行に結合され、印刷されていない文字 (キャリッジ リターンや改行など) が含まれています。

The EnterKeyBehavior and MultiLine properties are closely related. The EnterKeyBehavior values of True and False only apply if MultiLine is True. MultiLine が False の場合、Enter キーを押すと 、EnterKeyBehavior の値に関係なく、タブオーダーの次のコントロールにフォーカスが常に移動します。

Ctrl + ENTER キーを 押す効果 は、MultiLine の値にも 依存しますMultiLine が True の場合**、Ctrl + ENTER** キーを押すと 、EnterKeyBehavior の値に関係なく新しい行が作成されます。 MultiLine が False の場合、Ctrl + ENTER キーを押 しても効果はありません。

The TabKeyBehavior and MultiLine properties are closely related. The values described above only apply if MultiLine is True. MultiLine が False の場合、Tab キーを押すと 、TabKeyBehavior の値に関係なく、タブオーダーの次のコントロールにフォーカスが常に移動します。

Ctrl + TAB キーを押す効果 は、MultiLine の値 にも依存しますMultiLine が True の場合**、Ctrl + TAB** キーを押すと 、TabKeyBehavior の値に関係なく新しい行が作成されます。 MultiLine が False の場合、Ctrl + TAB キーを押 しても効果はありません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。