TextBox.SpecialEffect プロパティ (Outlook フォーム スクリプト)

オブジェクトの外観を指定する整数型 ( Integer) の値を設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.SpecialEffect

expression TextBox オブジェクトを表す変数。

解説

SpecialEffect の設定は次 のとおりです。

説明
0 オブジェクトは平面的に表示され、境界線や色の違いによって背景と区別されます。
1 オブジェクトの上辺と左辺が強調表示になり、下辺と右辺には影が付けられます。
2 オブジェクトの上辺と左辺には影が付けられ、下辺と右辺は強調表示されます。 コントロールと境界線は、それを包む曲線で表示されます。
3 コントロールの枠が沈んで見えます。
6 オブジェクトの下辺と右辺に隆起線が付けられ、上辺と左辺は平面的に表示されます。

SpecialEffect プロパティまたは BorderStyle プロパティを使用して、コントロールの edging を指定できますが、両方を指定することはできません。 いずれかのプロパティに 0 以外の値を指定すると、もう一方のプロパティには自動的に 0 が設定されます。 たとえば 、SpecialEffect を 1 に設定すると 、BorderStyle は 0 に設定されます。

SpecialEffect プロパティでは、境界線の色の定義にシステム カラーが使われます。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。