DocumentWindow.PointsToScreenPixelsY メソッド (PowerPoint)

垂直方向の値をポイントからピクセルに変換します。 テキスト枠または図形の垂直方向の画面位置を取得するために使用します。 1 つ として変換された値を返します。

構文

.PointsToScreenPixelsY (Points)

DocumentWindow オブジェクトを 表す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Points 必須 Single ピクセル単位に変換する高さの値をポイント単位で指定します。

戻り値

Single

次の使用例は、選択したレイアウト枠の境界ボックスの幅と高さをポイントからピクセルに変換し、その値を myXparmmyYparm に設定します。

With ActiveWindow

    myXparm = .PointsToScreenPixelsX _
        (.Selection.TextRange.BoundWidth)

    myYparm = .PointsToScreenPixelsY _
        (.Selection.TextRange.BoundHeight)

End With

関連項目

ドキュメント ウィンドウのオブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。