DocumentWindow.SplitVertical プロパティ (PowerPoint)

標準表示のプレゼンテーション ウィンドウでスライド ペインが占める高さの割合を設定します。 この高さに応じて、スライド ペインとノート ペイン間の分割線の位置が変化します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.SplitVertical

DocumentWindow オブジェクトを 表す変数

戻り値

Long

解説

SplitVertical プロパティの最小値は、スライド ウィンドウの高さが 10% ズーム レベルに依存する最小の高さなので、常に 0% を超えます。 実際の最小値は、アプリケーション ウィンドウ サイズによって異なる可能性があります。

次の使用例は、作業中のプレゼンテーション ウィンドウの上下の分割線をスライド ペイン 60%、ノート ペイン 40% の位置に設定します。

ActiveWindow.SplitVertical = 60

関連項目

ドキュメント ウィンドウのオブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。