DocumentWindow.Width プロパティ (PowerPoint)

指定したオブジェクトの幅をポイント単位で設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.

DocumentWindow オブジェクトを 表す変数

戻り値

Single

次の使用例は、ウィンドウ 1 と 2 を水平方向に配置します。つまり、各ウィンドウは、使用可能な垂直領域の半分を占め、アプリケーション ウィンドウのクライアント領域で使用可能なすべての水平方向の領域を占めるのです。 この例を動作するには、2 つのドキュメント ウィンドウのみを開く必要があります。

Windows.Arrange ppArrangeTiled

ah = Windows(1).Height                      ' available height

aw = Windows(1).Width + Windows(2).Width    ' available width

With Windows(1)

    .Width = aw

    .Height = ah / 2

    .Left = 0

End With

With Windows(2)

    .Width = aw

    .Height = ah / 2

    .Top = ah / 2

    .Left = 0

End With

次の使用例は、指定された表の列 1 の幅を 80 ポイントに設定します。1 インチは 72 ポイントです。

ActivePresentation.Slides(2).Shapes(5).Table.Columns(1).Width = 80

関連項目

ドキュメント ウィンドウのオブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。