PublishObject.Publish メソッド (PowerPoint)

読み込まれたプレゼンテーションから HTML 形式の Web プレゼンテーションを作成します。 公開されたプレゼンテーションは、Web ブラウザーで表示できます。

構文

.発行

expressionPublishObject オブジェクトを表す変数です。

解説

PublishObject オブジェクトのさまざまなプロパティを設定することで、発行されたプレゼンテーションのコンテンツと属性 を指定 できます。 たとえば、 SourceType プロパティでは、公開するために読み込まれたプレゼンテーションのどの部分を定義します。 RangeStart プロパティと RangeEnd プロパティは、発行するスライドの範囲を指定し、 SpeakerNotes プロパティでは、発表者のノートを発行するかどうかを指定します。

次の使用例は、HTML のスライド 3 から 5 つの作業中のプレゼンテーションのスライドを発行します。 発行されるプレゼンテーションには Mallard.htm という名前を付けます。

With ActivePresentation.PublishObjects(1)

    .FileName = "C:\Test\Mallard.htm"

    .SourceType = ppPublishSlideRange

    .RangeStart = 3

    .RangeEnd = 5

    .Publish

End With

関連項目

PublishObject オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。