Selection オブジェクト (PowerPoint)Selection Object (PowerPoint)

指定した文書ウィンドウで選択範囲を表します。Represents the selection in the specified document window. ( Typeプロパティを返しますppSelectionNone) 作業中のスライド ビューでスライドを変更するたびに、 Selectionオブジェクトが削除されます。The Selection object is deleted whenever you change slides in an active slide view (the Type property will return ppSelectionNone).

Example

Selectionオブジェクトを取得するのにには、 Selectionプロパティを使用します。Use the Selectionproperty to return the Selection object. 次の使用例は、クリップボードにアクティブ ウィンドウの選択範囲のコピーを配置します。The following example places a copy of the selection in the active window on the Clipboard.

ActiveWindow.Selection.Copy

図形、スライド、またはテキストの範囲を選択範囲から取得するのには、 ShapeRangeSlideRange、およびTextRangeプロパティを使用します。Use the ShapeRange, SlideRange, or TextRangeproperty to return a range of shapes, slides, or text from the selection.

次の使用例は、スライド 2 に塗りつぶしの設定が可能な図形を選択し、前景色に塗りつぶしを設定します。The following example sets the fill foreground color for the selected shapes in window two, assuming that there's at least one shape selected, and assuming that all selected shapes have a fill whose forecolor can be set.

With Windows(2).Selection.ShapeRange.Fill

    .Visible = True

    .ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 255)

End With

次の使用例は、ウィンドウ 2 の最初に選択した図形にレイアウト枠が含まれている場合、テキストを設定します。The following example sets the text in the first selected shape in window two if that shape contains a text frame.

With Windows(2).Selection.ShapeRange(1)

    If .HasTextFrame Then

        .TextFrame.TextRange = "Current Choice"

    End If

End With

次の使用例は、作業中のウィンドウから選択したテキストを切り取ります。The following example cuts the selected text in the active window and places it on the Clipboard.

ActiveWindow.Selection.TextRange.Cut

次の例は、選択範囲内のすべてのスライドを複製 (スライド表示モードの場合は、この重複現在のスライド)。The following example duplicates all the slides in the selection (if you are in slide view, this duplicates the current slide).

ActiveWindow.Selection.SlideRange.Duplicate

選択した適切な種類のオブジェクトがない場合とを使用するこれらのプロパティのいずれか (たとえば、 ShapeRangeプロパティを使用するは、選択した図形がない) 場合、エラーが発生します。If you don't have an object of the appropriate type selected when you use one of these properties (for instance, if you use the ShapeRange property when there are no shapes selected), an error occurs. オブジェクトまたはオブジェクトの種類を選択するかを決定するのにには、 Typeプロパティを使用します。Use the Typeproperty to determine what kind of object or objects are selected. 次の例では、スライドが選択範囲に含まれているかどうかを確認します。The following example checks to see whether the selection contains slides. 選択範囲には、スライドが含まれているが場合の例は、選択範囲の最初のスライドの背景を設定します。If the selection does contain slides, the example sets the background for the first slide in the selection.

With Windows(2).Selection

    If .Type = ppSelectionSlides Then

        With .SlideRange(1)

            .FollowMasterBackground = False

            .Background.Fill.PresetGradient _

                msoGradientHorizontal, 1, msoGradientLateSunset

        End With

    End If

End With

メソッドMethods

名前Name
CopyCopy
CutCut
DeleteDelete
UnselectUnselect

プロパティProperties

NameName
ApplicationApplication
ChildShapeRangeChildShapeRange
HasChildShapeRangeHasChildShapeRange
ParentParent
ShapeRangeShapeRange
SlideRangeSlideRange
TextRangeTextRange
TextRange2TextRange2
TypeType

関連項目See also

PowerPoint オブジェクト モデル リファレンスPowerPoint Object Model Reference