Shapes.AddMediaObject メソッド (PowerPoint)

重要

PowerPoint 2013で廃止されました。 Shapes.AddMediaObject2 メソッド (PowerPoint)を参照してください。 メディア オブジェクトを作成します。 新しいメディア オブジェクトを表す Shape オブジェクトを返します。

構文

AddMediaObject( _FileName_, _Left_, _Top_, _Width_, _Height_ )

表現 Shapes オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
FileName 必須 String 文字列 が必要です。 メディア オブジェクトを作成するファイルを指定。 パスを指定しない場合は、現在の作業フォルダーが使用されます。
Left 省略可能 Single スライドの左上端を基準にしたメディア オブジェクトの境界の位置をポイント単位で指定します。
Top 省略可能 Single スライドの左上端を基準にしたメディア オブジェクトの境界の位置をポイント単位で指定します。
Width オプション Single メディア オブジェクトの境界ボックスの横の長さをポイント単位で指定します。
Height オプション Single メディア オブジェクトの境界ボックスの縦の長さをポイント単位で指定します。

戻り値

Shape

次の使用例は、"Clock.avi" という名前のビデオを myDocument に追加します。

Set myDocument = ActivePresentation.Slides(1)

myDocument.Shapes.AddMediaObject FileName:="C:\Windows\clock.avi", _
    Left:=5, Top:=5, Width:=100, Height:=100

関連項目

Shapes オブジェクト

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。