Slide.Name プロパティ (PowerPoint)

スライドがプレゼンテーションに挿入されると、Microsoft PowerPoint はスライド n という形式の名前を自動的に割り当て 、n はプレゼンテーションでスライドが作成された順序を表す整数です。

たとえば、最初のスライドをプレゼンテーションに挿入が自動的にスライド 1 という名前です。 1 つのプレゼンテーションからスライドをコピーする場合、スライドには、という名前の最初のプレゼンテーションの 2 番目のプレゼンテーションに新しい名前が自動的に割り当てられますが失われます。 スライド範囲には、1 つのスライドを含める必要があります。 読み取りまたは書き込み 文字列 です。

構文

.名前

Slide オブジェクトを表す 変数

戻り値

文字列

注釈

Item メソッドを組み合わせてオブジェクトの名前を使用するにはオブジェクトを含むコレクションの Item メソッドが バリアント型 の引数を取る場合、オブジェクトへの参照を取得します。 たとえば、図形の Name プロパティの値が Rectangle 2 の場合、その図形への .Shapes("Rectangle 2") 参照が返されます。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。