SlideRange オブジェクト (PowerPoint)SlideRange object (PowerPoint)

ノートまたはスライド範囲を表すコレクションで、1 つのスライドからプレゼンテーションすべてのスライドを含むことができるスライドの集合です。A collection that represents a notes page or a slide range, which is a set of slides that can contain as little as a single slide or as much as all the slides in a presentation.

解説Remarks

プレゼンテーションのすべてのスライドまたは選択しているすべてのスライドからスライド範囲を作成できます。たとえば、プレゼンテーションの最初の 3 つのスライド、プレゼンテーションで選択したすべてのスライド、またはプレゼンテーションのすべてのタイトル スライドを指定する SlideRange コレクションを作成できます。You can include whichever slides you want — chosen from all the slides in the presentation or from all the slides in the selection — to construct a slide range. For example, you could construct a SlideRange collection that contains the first three slides in a presentation, all the selected slides in the presentation, or all the title slides in the presentation.

いくつかのスライドを選択し、画面上でそれらのスライドを同時に処理できるときと同様に、 SlideRange コレクションを作成し、それにプロパティやメソッドを適用して、同時に複数のスライドを処理できます。スライド表示モードで実行するコマンドの中には、複数のスライドを選択すると無効になるものがあるのと同様に、 Slide オブジェクトまたは 1 つのスライドだけを含む SlideRange コレクションで実行されるプロパティやメソッドの中にも、複数のスライドを含む SlideRange コレクションに適用すると失敗するものがあります。通常、複数のスライドが選択され、手動で処理を実行できない場合、複数のスライドを含む SlideRange コレクションを使用してもプログラムで実行することはできません。Just as you can work with several slides at the same time in the user interface by selecting them and applying a command, you can work with several slides at the same time programmatically by constructing a SlideRange collection and applying properties or methods to it. And just as some commands in the user interface that work on single slides aren't valid when multiple slides are selected, some properties and methods that work on a Slide object or on a SlideRange collection that contains only one slide will fail if they're applied to a SlideRange collection that contains more than one slide. In general, if you can't do something manually when more than one slide is selected (such as return the individual shapes on one of the slides), you can't do it programmatically by using a SlideRange collection that contains more than one slide.

単一のスライドまたは複数のスライドが選択されているかにより、画面から実行される操作 (クリップボードへのコピー、スライドの背景色の設定など) に対し、これらの操作に関連するプロパティとメソッドは、複数のスライドを含む SlideRange コレクションで実行されます。これらのプロパティやメソッドを複数のスライドに適用するときの各動作のガイドラインを次に示します。For those operations that work in the user interface whether you have a single slide or multiple slides selected (such as copying the selection to the Clipboard or setting the slide background fill), the associated properties and methods will work on a SlideRange collection that contains more than one slide. Here are some general guidelines for how these properties and methods behave when they're applied to multiple slides.

  • SlideRange コレクションにメソッドを適用することと、その範囲のすべての Slide オブジェクトをグループとして、メソッドを適用することは同じです。Applying a method to a SlideRange collection is equivalent to applying the method to all the Slide objects in that range as a group.

  • SlideRange コレクションのプロパティの値を設定することと、各スライドで個別にプロパティの値を設定することは同じです (列挙型のプロパティでは mixed 値を設定しても効果はありません)。Setting the value of a property of the SlideRange collection is equivalent to setting the value of the property in each slide in that range individually (for a property that takes an enumerated type, setting the value to the "Mixed" value has no effect).

  • 列挙型を取得する SlideRange コレクションのプロパティは、コレクションのすべてのスライドが同じプロパティ値を持つ場合、コレクションのそれぞれのスライドのプロパティ値を取得します。コレクションのすべてのスライドで、このプロパティ値が異なる場合、プロパティは異なる複数の値を取得します。A property of the SlideRange collection that returns an enumerated type returns the value of the property for an individual slide in the collection if all slides in the collection have the same value for that property. If the slides in the collection don't all have the same value for the property, the property returns the "Mixed" value.

  • 単純なデータ型 ( LongSingleStringなど) を返すSlideRangeコレクションのプロパティは、コレクション内のすべてのスライドに同じ値がある場合、コレクションの各スライドのプロパティの値を返します。プロパティの値を指定します。A property of the SlideRange collection that returns a simple data type (such as Long, Single, or String) returns the value of the property for an individual slide in the collection if all slides in the collection have the same value for that property. コレクションのすべてのスライドで、このプロパティ値が異なる場合、プロパティは -2 を返すか、エラーとなります。If the slides in the collection don't all have the same value for the property, the property will return - 2 or generate an error. たとえば、複数のスライドを含む Name オブジェクトで SlideRange プロパティを使用すると、各スライドの Name プロパティ値が異なるために、エラーが発生します。For example, using the Name property on a SlideRange object that contains multiple slides will generate an error because each slide has a different value for its Name property.

  • スライドの書式設定プロパティの中には、 SlideRange コレクションに直接適用されるプロパティやメソッドでは設定されず、 SlideRange オブジェクトなどの、 ColorScheme コレクションに含まれるオブジェクトに適用されるプロパティやメソッドで設定されるプロパティがあります。含まれるオブジェクトが画面上の複数のオブジェクトで実行できる操作を表す場合、複数のスライドを含む SlideRange コレクションからオブジェクトを取得でき、そのプロパティやメソッドは、前述の規則に従います。たとえば、 ColorScheme プロパティを使用して、指定した ColorScheme コレクションのすべてのスライドで使用される配色を表す SlideRange オブジェクトを取得できます。この ColorScheme オブジェクトにプロパティを設定すると、 ColorScheme コレクションのすべてのスライドの SlideRange オブジェクトにもこれらのプロパティが設定されます。Some formatting properties of slides aren't set by properties and methods that apply directly to the SlideRange collection, but by properties and methods that apply to an object contained in the SlideRange collection, such as the ColorScheme object. If the contained object represents operations that can be performed on multiple objects in the user interface, you'll be able to return the object from a SlideRange collection that contains more than one slide, and its properties and methods will follow the preceding rules. For example, you can use the ColorScheme property to return the ColorScheme object that represents the color schemes used on all the slides in the specified SlideRange collection. Setting properties for this ColorScheme object will also set these properties for the ColorScheme objects on all the individual slides in the SlideRange collection.

次の使用例は、次の方法を示しています。The following examples describe how to:

  • 名前またはインデックス番号で指定したスライドの集合を取得するReturn a set of slides that you specify by name or index number

  • プレゼンテーションで選択したすべての、またはいくつかのスライドを取得するReturn all or some of the selected slides in a presentation

  • ノートを取得するReturn a notes page

  • スライド範囲にプロパティおよびメソッドを適用するApply properties and methods to a slide range

Example

プレゼンテーションのスライドの集合を表す SlideRange コレクションを取得するには、 Slides.Range (index) を使用し、引数 index には、スライドの名前またはインデックス番号、あるいはスライドの名前またはインデックス番号を含む配列を指定します。 Array 関数を使用して、名前またはインデックス番号の配列を作成できます。次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 と 3 の背景に塗りつぶしを設定します。Use Slides.Range (index), where index is the name or index number of the slide or an array that contains either names or index numbers of slides, to return a SlideRange collection that represents a set of slides in a presentation. You can use the Array function to construct an array of names or index numbers. The following example sets the background fill for slides one and three in the active presentation.

With ActivePresentation.Slides.Range(Array(1, 3))

    .FollowMasterBackground = False
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _
         1, msoGradientLateSunset

End With

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションの "Intro" および "Big Chart" という名前のスライドの背景に塗りつぶしを設定します。The following example sets the background fill for the slides named "Intro" and "Big Chart" in the active presentation. スライドが作成されると、作成したフォーム名 Sliden (n は整数) が自動的に割り当てられます。Note that slides are assigned automatically generated names of the form Sliden (where n is an integer) when they're created. スライドにわかりやすい名前を割り当てるには、 nameプロパティを使用します。To assign a more meaningful name to a slide, use the Nameproperty.

With ActivePresentation.Slides.Range(Array("Intro", "Big Chart"))

    .FollowMasterBackground = False
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _
        1, msoGradientLateSunset

End With

Rangeメソッドを使用して任意の数のスライドを返すことができますが、 SlideRangeコレクションのメンバーを1つだけ取得する場合は、 Itemメソッドを使用する方が簡単です。Although you can use the Rangemethod to return any number of slides, it is simpler to use the Itemmethod if you only want to return a single member of the SlideRange collection. たとえば、 Slides(1) より Slides.Range(1) と記述すると効率的です。For example, Slides(1) is simpler than Slides.Range(1).

選択範囲内のすべてのスライドを取得するのにには、 selection オブジェクトのSlideRangeプロパティを使用します。Use the SlideRangeproperty of the Selection object to return all the slides in the selection. 次の使用例は、ウィンドウ 1 で選択したすべてのスライドの背景に塗りつぶしを設定します。The following example sets the background fill for all the selected slides in window one, assuming that there's at least one slide selected.

With Windows(1).Selection.SlideRange

    .FollowMasterBackground = False
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _
        1, msoGradientLateSunset

End With

選択したスライドから単一のスライドを取得するには、 Selection.SlideRange (index) を使用し、引数 index には、スライド名またはインデックス番号を指定します。次の使用例は、ウィンドウ 1 で選択したスライドのコレクションのスライド 2 の背景に塗りつぶしを設定します。Use Selection.SlideRange (index), where index is the slide name or index number, to return a single slide from the selection. The following example sets the background fill for slide two in the collection of selected slides in window one, assuming that there are at least two slides selected.

With Windows(1).Selection.SlideRange(2)

    .FollowMasterBackground = False
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _
        1, msoGradientLateSunset

End With

ノートを表す NotesPage コレクションを取得するには、 SlideRange プロパティを使用します。次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 のノートのプレースホルダー 2 (ノート領域) にテキストを挿入します。Use the NotesPage property to return a SlideRange collection that represents the specified notes page. The following example inserts text into placeholder two (the notes area) on the notes page for slide one in the active presentation.

ActivePresentation.Slides(1).NotesPage.Shapes _
    .Placeholders(2).TextFrame.TextRange.InsertAfter "Added Text"

関連項目See also

PowerPoint オブジェクト モデル リファレンスPowerPoint Object Model Reference

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.