Slides オブジェクト (PowerPoint)

指定したプレゼンテーションのすべての Slide オブジェクトのコレクションです。

備考

Visual Studio ソリューションに Microsoft.Office.Interop.PowerPoint 参照が含まれている場合、このコレクションは次のタイプにマッピングされます。

  • Microsoft.Office.Interop.PowerPoint.Slides.GetEnumerator (Slide オブジェクトを列挙)

次の使用例は、次の方法を示しています。

  • スライドを作成し、それをコレクションに追加する

  • 名前、インデックス番号、またはスライド ID 番号で指定した単一のスライドを取得する

  • プレゼンテーションのスライドのサブセットを取得する

  • プレゼンテーションのすべてのスライドに同時にプロパティまたはメソッドを適用する

Slides プロパティを使用して Slides コレクションを返します。 Add メソッドを使用して、新規スライドを作成し、コレクションに追加します。 次の使用例は、作業中のプレゼンテーションに新しいスライドを追加します。

ActivePresentation.Slides.Add 2, ppLayoutBlank

単一の Slides オブジェクトを取得するには、Slides(index) (index はスライド名またはインデックス番号)、またはSlides.FindBySlideID(index) (index はスライド ID 番号) を使用します。 次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 のレイアウトを設定します。

ActivePresentation.Slides(1).Layout = ppLayoutTitle

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションの "Big Chart" という名前のスライドのレイアウトを設定します。 スライドが作成されるときに、「Sliden」の形式 (n は整数) で名前が自動的に生成され、割り当てられます。 スライドにわかりやすい名前を割り当てるには、Name プロパティを使用します。

ActivePresentation.Slides("Big Chart").Layout = ppLayoutTitle

Slides コレクションのサブセットを表す SlideRange オブジェクトを取得するには、Slides.Range(index) (index はスライド インデックス番号または名前、あるいはスライド インデックス番号の配列またはスライド名の配列) を使用します。 次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 と 3 の背景に塗りつぶしを設定します。

With ActivePresentation.Slides.Range(Array(1, 3)) 
    .FollowMasterBackground = False 
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _ 
        1, msoGradientLateSunset 
End With

プレゼンテーションのすべてのスライドに同時に何かを実行する (すべてのスライドの削除、すべてのスライドのプロパティの設定など) 場合、引数を指定せずに Slides.Range を使用し、Slides コレクションのすべてのスライドを含む SlideRange コレクションを作成し、次にその SlideRange コレクションに適切なプロパティまたはメソッドを適用します。 次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのすべてのスライドの背景に塗りつぶしを設定します。

With ActivePresentation.Slides.Range 
    .FollowMasterBackground = False 
    .Background.Fill.PresetGradient msoGradientHorizontal, _ 
        1, msoGradientLateSunset 
End With

関連項目

概念

PowerPoint オブジェクト モデル リファレンス