Slides.Range メソッド (PowerPoint)

Slides コレクションのスライドのサブセットを表す SlideRange オブジェクトを返します。

構文

.Range (Index)

Slides オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Index 省略可能 Variant 範囲に含まれる個々 のスライドです。 スライドのインデックス番号を指定する 整数 スライドの名前を指定する 文字列 または整数か文字列を含む配列を指定できます。 この引数を省略すると、 Range メソッドは、指定されたコレクション内のすべてのオブジェクトを返します。

戻り値

SlideRange

解説

Range メソッドを使用すると、任意の数の図形またはスライドを取得することができますが、コレクションの 1 つのメンバーのみを返す場合は 、Item メソッドを使用する方が簡単です。 たとえば、 Shapes(1) Shapes.Range(1)より簡単、 Slides(2)Slides.Range(2)よりも簡単。

Index に整数または文字列の配列を指定するには、 Array 関数を使用します。 たとえば、次の命令は、名前で指定した 2 つの図形を返します。

Dim myArray() As Variant, myRange As Object myArray = Array("Oval 4", "Rectangle 5") Set myRange = ActivePresentation.Slides(1).Shapes.Range(myArray)

次の使用例は、スライド 1 と 3 にタイトル色を設定します。

Set mySlides = ActivePresentation.Slides.Range(Array(1, 3))

mySlides.ColorScheme.Colors(ppTitle).RGB = RGB(0, 255, 0)

次の使用例は、"Slide6" と "Slide8" という名前のスライドにタイトル色を設定します。

Set mySlides = ActivePresentation.Slides _
    .Range(Array("Slide6", "Slide8"))

mySlides.ColorScheme.Colors(ppTitle).RGB = RGB(0, 255, 0)

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのすべてのスライドにタイトル色を設定します。

Set mySlides = ActivePresentation.Slides.Range

mySlides.ColorScheme.Colors(ppTitle).RGB = RGB(255, 0, 0)

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのすべてのタイトル スライドを含む配列を作成し、その配列を使用してスライド範囲を定義し、次に、その範囲のすべてのスライドのタイトル色を設定します。

Dim MyTitleArray() As Long

Set pSlides = ActivePresentation.Slides

ReDim MyTitleArray(1 To pSlides.Count)

For Each pSlide In pSlides

    If pSlide.Layout = ppLayoutTitle Then

        nCounter = nCounter + 1

        MyTitleArray(nCounter) = pSlide.SlideIndex

    End If

Next pSlide

ReDim Preserve MyTitleArray(1 To nCounter)



Set rngTitleSlides = ActivePresentation.Slides.Range(MyTitleArray)

rngTitleSlides.ColorScheme.Colors(ppTitle).RGB = RGB(255, 123, 99)

関連項目

オブジェクトをスライド

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。