TextRange プロパティ (PowerPoint)TextRange.Application property (PowerPoint)

指定したオブジェクトの作成元を表す**Application** オブジェクトを返します。Returns an Application object that represents the creator of the specified object.

構文Syntax

expression.Applicationexpression.Application

TextRangeオブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a TextRange object.

戻り値Return value

アプリケーションApplication

Example

この例では、 Presentation オブジェクトがプロシージャに渡されます。In this example, a Presentation object is passed to the procedure. スライドをプレゼンテーションに追加され、PowerPoint を実行しているフォルダーにプレゼンテーションを保存します。The procedure adds a slide to the presentation and then saves the presentation in the folder where Microsoft PowerPoint is running.

Sub AddAndSave(pptPres As Presentation)

    pptPres.Slides.Add 1, 1

    pptPres.SaveAs pptPres.Application.Path & "\Added Slide"

End Sub

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 でリンクされた各 OLE オブジェクトを作成したアプリケーションの名前を表示します。This example displays the name of the application that created each linked OLE object on slide one in the active presentation.

For Each shpOle In ActivePresentation.Slides(1).Shapes

    If shpOle.Type = msoLinkedOLEObject Then

        MsgBox shpOle.OLEFormat.Application.Name

    End If

Next

関連項目See also

TextRange オブジェクトTextRange Object

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.