InsertAfter メソッド (PowerPoint)TextRange.InsertAfter method (PowerPoint)

指定したテキスト範囲の末尾に文字列を追加します。Appends a string to the end of the specified text range. 追加されたテキストを表すTextRangeオブジェクトを返します。Returns a TextRange object that represents the appended text. 引数を指定しないでこのメソッドを使用すると、指定した範囲の末尾に長さが 0 の文字列が返されます。When used without an argument, this method returns a zero-length string at the end of the specified range.

構文Syntax

expression.expression. InsertAfter( _NewText_ )

TextRangeオブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents an TextRange object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
NewTextNewText 省略可Optional StringString 挿入するテキストを指定します。既定値は長さ 0 の文字列 ("") です。The text to be inserted. The default value is an empty string.

Example

次の使用例は、作業中のプレゼンテーションのスライド 1 のタイトルの終わりに文字列 ": 試用版" を追加します。スライド 1 は白紙のレイアウト以外を指定していると仮定します。This example appends the string ": Test version" to the end of the title on slide one in the active presentation.

With Application.ActivePresentation.Slides(1).Shapes(1)

    .TextFrame.TextRange.InsertAfter ": Test version"

End With

次の使用例は、クリップボードの内容をスライド 1 のタイトルの終わりに追加します。This example appends the contents of the Clipboard to the end of the title on slide one.

Application.ActivePresentation.Slides(1).Shapes(1).TextFrame _
    .TextRange.InsertAfter.Paste

関連項目See also

TextRange オブジェクトTextRange Object

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.