Application オブジェクト (Visio)

オブジェクトのインスタンスを表Visio。 外部プログラムは一般的に Application オブジェクトを作成または取得した後で、そのインスタンスから他の Visio オブジェクトを取得します。

Microsoft Visual Basic の CreateObject 関数または New キーワードを使用して新しいインスタンスを実行するか、GetObject 関数を使用して既に実行されているインスタンスを取得します。 また、CreateObject 関数に InvisibleApp オブジェクトを指定すると、新しい非表示のインスタンスを実行できます。 InvisibleApp オブジェクトの Visible プロパティの値をTrue に 設定 して表示します。

注意

Visio 2010 年から、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス (UI) は、以前のレイヤーメニュー、ツールバー、作業ウィンドウのシステムを置き換えました。 以前のバージョンのユーザー インターフェイスをカスタマイズするために使用した VBA オブジェクトとメンバーは、Visio で引き続き使用できますが、Visioの機能が異なります。

解説

インスタンスの DocumentWindow、および Addon コレクションを取得するには、Application オブジェクトの DocumentsWindows、および Addons プロパティを使用します。

現在アクティブな DocumentPage、または Window オブジェクトを取得するには、ActiveDocumentActivePage、または ActiveWindow プロパティを使用します。

Application オブジェクトのメニューおよびツールバーにアクセスするには、BuiltInMenusBuiltInToolbarsCustomMenusCustomToolbars、または CommandBars プロパティを使用します。

ActiveDocument は、Application オブジェクトの既定のプロパティです。

注意

Visio 図面の Microsoft Visual Basic for Applications プロジェクトのコードでその他のオブジェクトを取得するには、Visio の Application オブジェクトではなく Visio のグローバル オブジェクトを使用します。

ユーザーのソリューションVisual Studio Microsoft.Office。相互運用。Visio参照では、このオブジェクトは次の種類にマップされます。

  • Microsoft。Office。相互運用。Visio。ApplicationClass (Application オブジェクトにアクセス するには)
  • Microsoft。Office。相互運用。Visio。ApplicationClass.Application (Application オブジェクトを 作成する 場合)
  • Microsoft。Office。相互運用。Visio。EApplication_Event (Application オブジェクトのイベントにアクセスするには)

イベント

メソッド

プロパティ

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。