Document.ExecuteLine メソッド (Visio)

Microsoft Visual Basic コードの行を実行します。

構文

.ExecuteLine (Line)

Document オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Line 必須 String Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) コードして解釈される文字列です。

戻り値

なし

解説

Document オブジェクトの VBA プロジェクトが指示を受け、指定された文字列が実行されます。 VBA は、イミディエイト ウィンドウに入力された文字列と同様にこの文字列を処理します。

ExecuteLine メソッドの使用例を以下に示します。

'Executes the macro (procedure without an argument) named "SomeMacro" 
 'that is in some module of the Visual Basic project of ThisDocument. 
 ThisDocument.ExecuteLine("SomeMacro ") 
 
 'Executes the procedure named SomeProcedure and passes it 3 arguments. 
 ThisDocument.ExecuteLine("SomeProcedure  1, 2, 3") 
 
 'Same as previous example, but procedure name qualified 
 'with module name. 
 ThisDocument.ExecuteLine("Module1.SomeProcedure  1, 2, 3") 
 
 'Shows the form UserForm1. 
 ThisDocument.ExecuteLine("UserForm1.Show") 
 
 'Prints "some string" to the Immediate window. 
 ThisDocument.ExecuteLine("Debug.Print ""some string """) 
 
 'Prints number of open documents to the Immediate window. 
 ThisDocument.ExecuteLine("Debug.Print Documents.Count") 
 
 'Tells ThisDocument to save itself. 
 ThisDocument.ExecuteLine("ThisDocument.Save") 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。