Document.Subject プロパティ (Visio)

ドキュメントのプロパティの Subject フィールド 値を取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.件名

Document オブジェクトを表す 変数

戻り値

文字列

注釈

Subject プロパティ の設定 は、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [件名] ボックスに情報を入力するのと同じです ([ファイル] タブをクリックし、[情報] をクリックし、[プロパティ] をクリックし、[詳細プロパティ] を クリックします)。

この Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは、Subject プロパティを使用して図面の件名を記録する方法を示しています。 Documents オブジェクトが Document コレクションに追加され、Document オブジェクトの Subject プロパティおよび他の図面プロパティが設定されます。

このマクロを実行する前に、次のコードに斜体で表示された項目を、実際に使用する値に変更してください。 これらのプロパティが設定されていることを確認するには、[プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

 
Public Sub Subject_Example() 
 
    Dim vsoDocument As Visio.Document  
 
    Set vsoDocument = Documents.Add("")  
 
    'Set the properties of the document.  
    vsoDocument.Title = "document title "  
    vsoDocument.Creator = "author name "  
    vsoDocument.Description = "document description "  
    vsoDocument.Keywords = "keyword1, keyword2, keyword3 "  
    vsoDocument.Subject = "document subject "  
    vsoDocument.Manager = "manager name "  
    vsoDocument.Category = "document category "  
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。