InvisibleApp.BeforeSelectionDelete イベント (Visio)

選択したオブジェクトが削除される前に発生します。

構文

.BeforeSelectionDelete (Selection)

InvisibleApp オブジェクトを 表す 変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Selection 必須 [IVSELECTION] 削除される、選択したオブジェクトです。

解説

Shape オブジェクト は、図形の Type プロパティが visTypeGroup (2) または visTypePage (1) の場合 、BeforeSelectionDelete イベントのソース オブジェクトとして機能できます。

BeforeSelectionDelete イベントは、選択した図形が削除される直前に発生します。 このイベントは、ロックされている図形があるかどうかにかかわらず通知されますが、ロックされた図形は削除されません。 図形がロックされて削除できない状態かどうかは、図形の [LockDelete] セルの値で確認します。

BeforeSelectionDelete イベントBeforeShapeDelete イベントは、図形が削除される前に両方とも発生する点で似ています。 ただし、1 回の操作で複数の図形を削除するときの動作が異なります。 たとえば、[切り取り] 操作によって 3 個の図形を削除するとします。 BeforeShapeDelete イベントは 3 回発生し、3 個のオブジェクトそれぞれに作用します。 BeforeSelectionDelete イベントは 1 回だけ発生し、削除する 3 個の図形が選択されている Selection オブジェクトに作用します。

Microsoft Visual Basic または Visual Basic for Applications (VBA) を使用している場合、このトピックの構文を使用して、イベントを一般的な方法で効率的に処理できます。

独自の Event オブジェクトを作成 する場合、Add メソッドまたは AddAdvise メソッドを使用 します。

アドオンを実行する Event オブジェクトを作成するには、EventList コレクションに対して Add メソッドを使用します。

通知を受け取る Event オブジェクトを作成するには、AddAdvise メソッドを使用します。

作成するイベントのイベント コードについては、「イベント コード」を参照してください。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。