Layer.NameU プロパティ (Visio)

Layer オブジェクトの汎用名を 指定 します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.NameU

Layer オブジェクトを表す 変数

戻り値

文字列

注釈

既定のスタイルではないスタイルを表す Style オブジェクトの NameU プロパティをMicrosoft Office Visioできます。 既定の Visio スタイルの NameU プロパティを設定しようとするとエラーが発生します。

注意

Microsoft Visio 2000 では、ローカル名とユニバーサル名の両方を使用して、Visio 図形、マスター シェイプ、ドキュメント、ページ、行、アドオン、セル、ハイパーリンク、スタイル、フォント、マスター ショートカット、UI オブジェクト、およびレイヤーを参照できます。 たとえば、ユーザーが図形に名前を付け、ユーザーがローカル名を指定している場合などです。 2003 Microsoft Office Visioから、ShapeSheet スプレッドシートにはセルの数式と値の汎用名だけが表示されます。 (以前のバージョンでは、ユニバーサル名はユーザー インターフェイスに表示されません)。

汎用名をプログラム内で使用すると、ソリューションをローカライズするたびに名前を変更する必要がなくなります。 Name プロパティ を使用 して、ハイパーリンク、Layer、Master、MasterShortcut、Page、Shape、Style、または Row オブジェクトのローカル名を取得または設定します。 汎用名を取得または設定するには NameU プロパティを使用します。

この Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは 、NameU プロパティを使用してレイヤー名を表示する方法を示しています。 さらに、Layer プロパティを使用して特定のレイヤーに対する参照を取得し、LayerCount プロパティを使用して図形が割り当てられているレイヤー数を判別します。

 
Public Sub NameU_Example() 
 
 Dim vsoPage As Visio.Page 
 Dim vsoShape As Visio.Shape 
 Dim vsoLayers As Visio.Layers 
 Dim vsoLayer As Visio.Layer 
 
 If ActiveDocument Is Nothing Then 
 Documents.Add ("") 
 End If 
 
 Set vsoPage = ActivePage 
 If vsoPage Is Nothing Then 
 Set vsoPage = ActiveDocument.Pages(1) 
 End If 
 
 'Draw a rectangle. 
 Set vsoShape = vsoPage.DrawRectangle(1, 5, 5, 1) 
 
 'Get the Layers collection. 
 Set vsoLayers = vsoPage.Layers 
 
 'Create a layer named ExampleLayer1 and add the shape to it. 
 Set vsoLayer = vsoLayers.Add("ExampleLayer1") 
 vsoLayer.Add vsoShape, 1 
 
 'Create a layer named ExampleLayer2 and add the shape to it. 
 Set vsoLayer = vsoLayers.Add("ExampleLayer2") 
 vsoLayer.Add vsoShape, 1 
 
 'Verify that the shape has been assigned to 2 layers. 
 Debug.Print "The page has " & vsoShape.LayerCount & " layers." 
 
 'Get a reference to the first layer. 
 Set vsoLayer = vsoShape.Layer(1) 
 
 'Verify by using the NameU property. 
 Debug.Print "Current vsoLayer name is """ & vsoLayer.NameU & ".""" 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。