Master.GetFormulasU メソッド (Visio)

複数のセルの数式を返します。

構文

expression. GetFormulasU( _SID_SRCStream()_ , _formulaArray()_ )

Master オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
SID_SRCStream() 必須 整数型 (Integer) 問い合わせるセルを識別するストリームです。
formulaArray() 必須 Variant 出力パラメーターです。 問い合わせたセルの数式を受け取る配列です。

戻り値

なし

解説

GetFormulasU メソッドは Cell オブジェクトの FormulaU プロパティに似ていて、一度に 1 つのセルではなく、多くのセルの数式を一度に取得できます。 GetFormulasU メソッドは、GetResults メソッドの特殊な形式であり、セルの数式または結果を取得する場合に使用します。 GetFormulasU メソッドの呼び出しの設定は、GetResults メソッドの設定よりも手順が若干少なくなっています。

GetFormulasU メソッドを使用すると、ページまたはマスターの図形の任意のセット内のセルのセットの汎用構文で数式を取得できます。

SID_SRCStream() は 2 バイトの整数で構成される配列です。 SID_SRCStream() は 、n バイト = 1 の 4 n 2 バイト整数の 1 次元配列> する必要があります。 GetFormulasU メソッドは SID_SRCStream() を次のように解釈します。

{sheetID, sectionIdx, rowIdx, cellIdx}n

この sheetID は、セルの数式を求めるページまたはマスター シェイプ上にある Shape オブジェクトの ID プロパティです。

注意

エントリの sheetIDvisInvalShapeID (-1) の場合、または sectionIdx の下部バイトが visSectionInval (255) の場合、エントリは無視され、対応する結果配列エントリに空のバリアントが返されます。 この理由は 、GetFormulasU、SetFormulas、 および呼び出しの間にストリームを軽微に変更する必要がある場合にのみ呼び出し元と同様のメソッドを呼び出す複数の呼び出しで同じ SID_SRCStream() 配列を使用できるからです。

GetFormulasU メソッドが成功すると 、formulaArray() は、0 から n から 1 のインデックスが付いた n 個のバリアントの 1 次元配列 返します。 各バリアント値は数式を文字列として返します。 formulaArray() は、GetFormulasU メソッドによって割り当てられる出力パラメーターであり、呼び出し側に所有権が戻されます。 最終的には、呼び出し側は、返された配列に対して SafeArrayDestroy プロシージャを実行する必要があります。 SafeArrayDestroy プロシージャには、配列のエントリによって参照されるバリアントをクリアする副作用があるため 、GetFormulasU メソッドが返す文字列の割り当ては取り消されます。 (Microsoft Visual BasicおよびVisual Basic for Applicationsの管理を行います。FormulaArray() が Null の場合 、GetFormulasU メソッドは 失敗します。

注意

Microsoft Visio 2000 では、ローカル名とユニバーサル名の両方を使用して、Visio 図形、マスター シェイプ、ドキュメント、ページ、行、アドオン、セル、ハイパーリンク、スタイル、フォント、マスター ショートカット、UI オブジェクト、およびレイヤーを参照できます。 たとえば、ユーザーが図形に名前を付け、ユーザーがローカル名を指定している場合などです。 2003 Microsoft Office Visioから、ShapeSheet スプレッドシートにはセルの数式と値の汎用名だけが表示されます。 (以前のバージョンでは、ユニバーサル名はユーザー インターフェイスに表示されません)。

汎用名をプログラム内で使用すると、ソリューションをローカライズするたびに名前を変更する必要がなくなります。 ローカル構文を使用して図形を識別する場合に複数の図形を取得するには GetFormulas メソッドを使用します。 汎用構文を使用して図形を識別する場合に複数の図形を取得するには GetFormulasU メソッドを使用します。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。