Master.InsertFromFile メソッド (Visio)

ページ、マスター シェイプ、グループにリンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクトを追加します。

構文

expression. InsertFromFile( _FileName_ , _Flags_ )

Master オブジェクトを表す 変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
FileName 必須 String リンクするオブジェクトまたは埋め込むオブジェクトを含むファイルの名前です。
Flags 必須 整数型 (Integer) オブジェクトを挿入する方法を制御するフラグです。

戻り値

Shape

注釈

InsertFromFile メソッドは、リンクまたは埋め込み OLE オブジェクトを表す新しい図形を作成します。

Flags 引数 は、次の値の組み合わせである必要があるビットマスクです。

定数 説明
visInsertLink &H8 設定した場合、新しい図形は指定されたファイルへの OLE リンクを表します。 それ以外の場合 、InsertFromFile メソッドは、名前付きファイルの内容から OLE オブジェクトを生成し、ページ、マスター、またはグループを含むドキュメントに埋め込みます。
visInsertIcon &H10 新しい図形をアイコンとして表示します。

注意事項

ActiveX コントロールをアプリケーションに追加する場合は、十分に注意してください。 ActiveX コントロールの設計により、その使用がセキュリティ リスクをもたらす場合があります。 信頼できる発行元のコントロールのみ使用することをお勧めします。 作成したコントロールに署名します。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。