Masters.TextChanged イベント (Visio)

図面で図形のテキストが変更された後に発生します。

構文

TextChanged (Shape)

Masters オブジェクトを表す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Shape 必須 [IVSHAPE] テキストが変更された図形です。

注釈

TextChanged イベントは、図形に格納されている文字が変更されたときなど、図形に直接指定されたテキストが変更された場合に発生します。 ユーザー入力によって図形の文字が変更された場合、TextChanged イベントはテキスト編集が終了するまで発生しません。

フィールドが図形のテキストに追加または削除されると、その生のテキストが変更されます。したがって、 TextChanged イベント が発生します。 ただし、フィールド 内のテキストが 変更された場合、TextChanged イベントは発生します。 たとえば、図形には幅を示すテキスト フィールドがあります。 TextChanged イベントは、図形の明らかな (展開された) テキストが変更された場合でも、図形に保存されている生のテキストが変更されていないため、図形の幅が変更された場合は発生しないので発生します。 [テキスト フィールド] セクション のセルの 1 つで CellChanged イベントを使用して、テキスト フィールド内のテキストがいつ変更されたのか検出します。

図形に直接指定されたテキストにアクセスするには、Text プロパティを使用します。 テキスト フィールドが展開された図形のテキストにアクセスするには、Characters.Text プロパティを使用します。 図形のテキストのテキスト フィールドの位置とプロパティは、Shape.Characters オブジェクトを使用して確認できます。

Visio 5.0 およびそれ以前のバージョンでは、フィールドの Text プロパティに、先頭がエスケープ文字で長さが 4 文字の文字列が含まれていました。 Visio 2000 以降では、図形に直接指定されたテキスト文字列にはエスケープ文字 1 文字だけが含まれます。

Microsoft Visual Basic または Visual Basic for Applications (VBA) を使用している場合、このトピックの構文を使用して、イベントを一般的な方法で効率的に処理できます。

独自の Event オブジェクトを作成 する場合 は、Add メソッドまたは AddAdvise メソッドを使用 します。

アドオンを実行する Event オブジェクトを作成するには、EventList コレクションに対して Add メソッドを使用します。

通知を受け取る Event オブジェクトを作成するには、AddAdvise メソッドを使用します。

作成するイベントのイベント コードについては、「イベント コード」を参照してください。

注意

VBA WithEvents 変数を 使用して TextChanged イベントをシンク します。

性能を上げるために、Document オブジェクトのイベント セットには TextChanged イベントが含まれません。 Document オブジェクト (および VBA プロジェクトの ThisDocument オブジェクト) から TextChanged イベントをシンクするには、AddAdvise メソッドを 使用する必要があります。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。