Selection オブジェクト (Visio)

操作を適用できるページまたはマスターの Shape オブジェクトのサブセットを表します。

解説

ウィンドウで選択 した 図形のセットに対応する Selection オブジェクトを取得するには 、Window オブジェクトの Selection プロパティを 使用 します。

Selection オブジェクトの既定のプロパティは、Item です。

Selection オブジェクトを取得した後で、Select メソッドを使用して図形を追加または削除できます。

既定では、Selection オブジェクトによって報告される項目には、選択された Shape オブジェクトは含まれません。 選択された Shape オブジェクトを報告するかどうかを制御するには、IterationMode プロパティを使用します。 個々の項目を選択するかどうかは、ItemStatus を使用して決定できます。

メソッド

プロパティ

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。