シェイプトゥイーンプロパティ (Visio)Shape.FillStyle property (Visio)

図形の塗りつぶしのスタイルを設定または返します。Returns or sets the fill style for a shape. 値の取得と設定が可能です。Read/write.

構文Syntax

expression.expression. FillStyle

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

文字列String

注釈Remarks

FillStyleプロパティを設定する操作は、[塗りつぶし] ダイアログボックスの [スタイル] ボックスの一覧でスタイルを選択した場合と同じです (図形を右クリックし、[書式] をポイントし、[塗りつぶし] をクリックします)。Setting the FillStyle property is equivalent to selecting a style from the Style list in the Fill dialog box (right-click the shape, point to Format, and then click Fill).

存在しないスタイルにスタイルを設定するとエラーが生成されます。Setting a style to a nonexistent style generates an error. 1つのスタイルの種類を別の種類に設定する (たとえば、 FillStyleプロパティを線のスタイルに設定する) 場合は、何も実行されません。Setting one type of style to another type (for example, setting the FillStyle property to a line style) does nothing. 1 つのスタイルの種類を複数の属性を持つ別の種類に設定すると、適切な属性のみが変更されます。Setting one type of style to another type that has more than one set of attributes changes only the appropriate attributes. たとえば、FillStyle プロパティを、線、テキスト、および塗りつぶしの属性を持つスタイルに設定すると、塗りつぶし属性だけが変更されます。For example, setting the FillStyle property to a style that has line, text, and fill attributes changes only the fill attributes.

図形のローカルの書式設定を保持するには、 FillStyleKeepFmtプロパティを使用します。To preserve a shape's local formatting, use the FillStyleKeepFmt property.

Microsoft Visio 2002 以降では、 FillStyleプロパティを長さ0の文字列 ("") に設定すると、マスターシェイプのスタイルが選択範囲または図形に再適用されます。Beginning with Microsoft Visio 2002, setting the FillStyle property to a zero-length string ("") causes the master's style to be reapplied to the selection or shape. (以前のバージョンでは "そのようなスタイルはありません" 例外を生成します。)選択範囲または図形にマスターシェイプがない場合、そのスタイルは変更されません。(Earlier versions generate a "no such style" exception.) If the selection or shape has no master, its style remains unchanged.

Example

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは、楕円を描画し、 FillStyleプロパティを設定する方法を示しています。This Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) macro shows how to draw an oval and set its FillStyle property. このマクロを実行するには、[基本図] テンプレートに基づいた図面を開いてください。To run this macro, open a drawing based on the Basic Diagram template.

 
Public Sub FillStyle_Example() 
 
 Dim vsoShape As Visio.Shape 
 
 Set vsoShape = ActivePage.DrawOval(1.5, 10.5, 7.5, 6.5) 
 vsoShape.FillStyle = "Basic" 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.