Shape.ID プロパティ (Visio)Shape.ID property (Visio)

オブジェクトの ID を取得します。Gets the ID of an object. 読み取り専用です。Read-only.

構文Syntax

IDexpression.ID

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

LongLong

解説Remarks

図形の ID はページまたはマスター シェイプ内でのみ一意です。The ID of a shape is unique only within the scope of the page or master.

図形、ページ、マスター シェイプ、またはスタイルを削除した場合、同範囲内の新規オブジェクトにその ID が割り当てられる可能性があります。If a shape, page, master, or style is deleted, future objects in the same scope may be assigned the same ID. したがって、図形またはスタイルの Id を別のデータストアに保持することは、通常、 UniqueIDプロパティを使用して一意の id を保持するのと同じではありません。Therefore, persisting shape or style IDs in separate data stores is generally not as sound as persisting unique IDs using the UniqueID property.

Shapeオブジェクトの場合、 GetResultsSetResultsなどのメソッドでIDプロパティを使用して、多数のセル値を一度に取得または設定できます。多くの場合、さまざまな図形内のセルがあります。For Shape objects, you can use the ID property with methods such as GetResults and SetResults to get or set many cell values at once, possibly cells in many different shapes. そのためには、図形の ID をメソッドに渡す必要があります。To do this, you must pass shape IDs to the methods. DropMany メソッドを使用して図形を作成した場合、メソッドは作成した図形の ID をプログラムに返します。If you create shapes by using the DropMany method, the method returns the IDs of the shapes it creates to your program.

Visual Studio ソリューションに、Visio の相互参照が含まれている場合、このプロパティは次の種類にマップされます。If your Visual Studio solution includes the Microsoft.Office.Interop.Visio reference, this property maps to the following types:

  • Microsoft.Office.Interop.Visio.IVShape.IDMicrosoft.Office.Interop.Visio.IVShape.ID

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.