NameU プロパティ (Visio)Shape.NameU property (Visio)

Shapeオブジェクトの汎用名を指定します。Specifies the universal name of a Shape object. 値の取得と設定が可能です。Read/write.

構文Syntax

NameUexpression.NameU

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

文字列String

注釈Remarks

Microsoft Visio 2000 以降では、ローカル名と汎用名の両方を使用して、Visio 図形、マスターシェイプ、ドキュメント、ページ、行、アドオン、セル、ハイパーリンク、スタイル、フォント、マスターショートカット、UI オブジェクト、およびレイヤーを参照することができます。Beginning with Microsoft Visio 2000, you can use both local and universal names to refer to Visio shapes, masters, documents, pages, rows, add-ons, cells, hyperlinks, styles, fonts, master shortcuts, UI objects, and layers. ユーザーが図形に名前を指定した場合 (たとえば、ユーザーがローカル名を指定している場合など)。When a user names a shape, for example, the user is specifying a local name. Microsoft Office Visio 2003 以降、シェイプシートでは、セルの数式と値に汎用名だけが表示されます。Beginning with Microsoft Office Visio 2003, the ShapeSheet spreadsheet displays only universal names in cell formulas and values. (以前のバージョンでは、ユーザーインターフェイスに汎用名が表示されていませんでした)。(In prior versions, universal names were not visible in the user interface.)

汎用名をプログラム内で使用すると、ソリューションをローカライズするたびに名前を変更する必要がなくなります。As a developer, you can use universal names in a program when you don't want to change a name each time a solution is localized. Nameプロパティを使用して、ハイパーリンクレイヤーマスターシェイプmastershortcutPageShapeStyle、またはRowオブジェクトのローカル名を取得または設定します。Use the Name property to get or set a Hyperlink, Layer, Master, MasterShortcut, Page, Shape, Style, or Row object's local name. 汎用名を取得または設定するには NameU プロパティを使用します。Use the NameU property to get or set its universal name.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.