OneD プロパティ (Visio)Shape.OneD property (Visio)

オブジェクトが1次元 (1D) オブジェクトとして動作するかどうかを指定します。Determines whether an object behaves as a one-dimensional (1D) object. 読み取り専用です。Read-only.

構文Syntax

expression.expression. OneD

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

整数Integer

注釈Remarks

OneDプロパティを設定することは、[基本動作] ダイアログボックスで図形の相互作用スタイルを変更することと同じです ( [開発] タブの [図形のデザイン] で [動作] をクリックします)。Setting the OneD property is equivalent to changing a shape's interaction style in the Behavior dialog box (click Behavior in the Shape Design group of the Developer tab). 1D 図形のOneDプロパティをFalseに設定すると、そのセクション内のセルが GUARD 関数で保護されている場合でも、そのセクションの [1d Endpoints] セクションが削除されます。Setting the OneD property for a 1D shape to False deletes its 1D Endpoints section, even if the cells in that section were protected with the GUARD function.

ガイドであるShapeオブジェクトのOneDプロパティは、常に0です。The OneD property of a Shape object that is a guide is always 0. ガイド図形の OneD プロパティを変更しようとすると、エラーにはなりませんが、値は 0 のままです。If you try to change the value of the OneD property of a guide shape, no error is raised, but the value remains 0.

他のアプリケーションのオブジェクトのOneDプロパティは、常にFalseです。The OneD property of an object from another application is always False.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.