ProgID プロパティ (Visio)Shape.ProgID property (Visio)

ActiveX コントロール、埋め込みオブジェクト、またはリンク オブジェクトを表す図形のプログラム識別子を返します。Returns the programmatic identifier of a shape that represents an ActiveX control, an embedded object, or linked object. 読み取り専用です。Read-only.

構文Syntax

expression.expression. ProgID

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

文字列String

注釈Remarks

図形が ActiveX コントロールまたは OLE 2.0 の埋め込みオブジェクトまたはリンクオブジェクトを表していない場合、 ProgIDプロパティは例外を発生させます。The ProgID property raises an exception if the shape doesn't represent an ActiveX control or OLE 2.0 embedded or linked object. ForeignType プロパティが値として visTypeIsOLE2 を返す場合、図形は ActiveX コントロール、埋め込みオブジェクト、またはリンク オブジェクトです。A shape represents an ActiveX control, embedded object, or linked object if the ForeignType property returns visTypeIsOLE2 in the value.

ShapeオブジェクトまたはOleオブジェクトのProgIDプロパティを使用して、オブジェクトのプログラム id を取得します。Use the ProgID property of a Shape object or OLEObject to obtain the programmatic identifier of the object. 各 OLE オブジェクト クラスは、レジストリにプログラム識別子を格納します。Every OLE object class stores a programmatic identifier for itself in the registry. 通常、この処理はオブジェクトを提供するプログラムのインストール時に行われます。Typically this occurs when the program that services the object installs itself. クライアント プログラムは、この識別子を使用してオブジェクトを識別します。Client programs use this identifier to identify the object. Microsoft Visual Basic プログラムからGetObject (, "visio Application") などのステートメントを実行するときに、microsoft Visio の識別子を使用しています。You are using the Microsoft Visio identifier when you execute a statement such as GetObject (,"Visio.Application") from a Microsoft Visual Basic program.

ProgIDプロパティによって返される文字列は次のとおりです。These are strings that the ProgID property might return:

 
Visio.Drawing.5 
MSGraph.Chart.5 
Forms.CommandButton.1 

図形のobjectプロパティを使用して、図形が表すオブジェクトのIDispatchインターフェイスを取得したら、図形のClassIDまたはProgIDプロパティを取得して、その図形のメソッドとプロパティを確認できます。インターフェイス.After using a shape's Object property to obtain an IDispatch interface on the object the shape represents, you can obtain the shape's ClassID or ProgID property to determine the methods and properties provided by that interface.

Example

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは、アクティブなページのOLEObjectsコレクションを取得し、各OLEObjectオブジェクトのProgIDをイミディエイトウィンドウに出力する方法を示しています。This Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) macro shows how to get the OLEObjects collection of an active page and print the ProgID for each OLEObject object in the Immediate window. この例は、アクティブなページに OLE 2.0 の埋め込みオブジェクトまたはリンク オブジェクト、または ActiveX コントロールが少なくとも 1 つあることを前提としています。This example assumes that the active page has at least one OLE 2.0 embedded or linked object or an ActiveX control.

 
Public Sub ProgID_Example() 
 
 Dim intCounter As Integer 
 Dim vsoOLEObjects As Visio.OLEObjects 
 
 'Get the OLEObjects collection of the active page. 
 Set vsoOLEObjects = ActivePage.OLEObjects 
 
 'Step through the OLEObjects collection. 
 For intCounter = 1 To vsoOLEObjects.Count 
 Debug.Print vsoOLEObjects(intCounter).ProgID 
 Next intCounter 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.