Shape の Echanged イベント (Visio)Shape.ShapeChanged event (Visio)

図面のセルに格納されていない図形のプロパティが変化した後に発生します。Occurs after a property of a shape that is not stored in a cell is changed in a document.

構文Syntax

Offechanged(図形)expression.ShapeChanged (Shape)

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
ShapeShape 必須Required [IVSHAPE][IVSHAPE] プロパティが変更された図形です。The shape whose property changed.

解説Remarks

Offechanged の起動時に変更さ**** れたプロパティを確認するには、 EventInfoプロパティを使用します。To determine which properties have changed when ShapeChanged fires, use the EventInfo property. EventInfo プロパティが返す文字列には、変更されたプロパティを識別する文字列が含まれています。The string returned by the EventInfo property contains a list of substrings that identify the properties that changed.

次の図形プロパティを変更すると**** 、offechanged イベントが発生します。Changes to the following shape properties cause the ShapeChanged event to fire:

  • Name (EventInfo プロパティに含まれる "/name")Name (the EventInfo property contains "/name")

  • Data1 (EventInfo プロパティに含まれる "/data1")Data1 (the EventInfo property contains "/data1")

  • Data2( EventInfoプロパティには "/data2" が含まれます)Data2 (the EventInfo property contains "/data2")

  • Data3 (EventInfo プロパティに含まれる "/data3")Data3 (the EventInfo property contains "/data3")

  • UniqueID (EventInfo プロパティに含まれる "/uniqueid")UniqueID (the EventInfo property contains "/uniqueid")

Microsoft Visual Basic または Visual Basic for Applications (VBA) を使用している場合、このトピックの構文を使用して、イベントを一般的な方法で効率的に処理できます。If you are using Microsoft Visual Basic or Visual Basic for Applications (VBA), the syntax in this topic describes a common, efficient way to handle events.

独自のイベントオブジェクトを作成する場合は、 Add メソッドまたは**AddAdvise** メソッドを使用します。If you want to create your own Event objects, use the Add or AddAdvise method.

アドオンを実行する Event オブジェクトを作成するには、EventList コレクションに対して Add メソッドを使用します。To create an Event object that runs an add-on, use the Add method as it applies to the EventList collection.

通知を受け取る Event オブジェクトを作成するには、AddAdvise メソッドを使用します。To create an Event object that receives notification, use the AddAdvise method.

作成するイベントのイベント コードについては、「イベント コード」を参照してください。To find an event code for the event that you want to create, see Event codes.

AddAdviseを使用して作成された接続を介して通知を受け取るプログラムからこのイベントを処理している場合は、 VisEventProcの_var info_引数に次の文字列が含まれています。 "/doc = 1/Page = 1/shape = Sheet: 3"If you are handling this event from a program that receives a notification over a connection that was created by using AddAdvise, the varMoreInfo argument to VisEventProc contains the string: "/doc=1 /page=1 /shape=Sheet.3"

注意

VBA の WithEvents 変数を使用して、ShapeChanged イベントをシンクできます。You can use VBA WithEvents variables to sink the ShapeChanged event.

パフォーマンスに関する考慮事項として、 Documentオブジェクトのイベントセットには、"onprint echanged /イベントの追加" イベントは含まれません。For performance considerations, the Document object's event set does not include the ShapeChanged event. ドキュメントオブジェクト (および VBA プロジェクトの**ThisDocument** オブジェクト) から、offechanged イベントをシンクするには、 AddAdviseメソッドを使用する必要があります。 ****To sink the ShapeChanged event from a Document object (and from the ThisDocument object in a VBA project), you must use the AddAdvise method.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.