Shape プロパティ (Visio)Shape.Stat property (Visio)

オブジェクトのステータス情報を返します。Returns status information for an object. 読み取り専用です。Read-only.

構文Syntax

Statexpression.Stat

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

戻り値Return value

整数Integer

解説Remarks

オブジェクトが文書内のエンティティへの参照で、その図面が閉じている場合、 StatプロパティはvisStatClosedビットが設定された値を返します。If an object is a reference to an entity in a document, and if that document closes, the Stat property returns a value in which the visStatClosed bit is set.

オブジェクトが削除されているエンティティへの参照である場合、 StatプロパティはvisStatDeletedビットが設定されている値を返します。If an object is a reference to an entity that has been deleted, the Stat property returns a value in which the visStatDeleted bit is set.

Microsoft Visio Documentオブジェクトなどのコンポーネントオブジェクトモデル (COM) オブジェクトは、オブジェクトが論理的に削除された状態または閉じられた状態であっても、クライアントによって保持 (ポイントされている) されている限り存在します。A Component Object Model (COM) object, such as a Microsoft Visio Document object, lives as long as it is held (pointed to) by a client, even if the object is logically in a deleted or closed state.

Example

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロは、 Statプロパティを使用してDocumentオブジェクトの状態を確認する方法を示しています。This Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) macro shows how to use the Stat property to check the status of a Document object. マクロを実行すると、[イミディエイト] ウィンドウに 0 (visStatNormal) と 8 (visStatClosed) が印刷されます。Executing the macro prints 0 (visStatNormal) and then 8 (visStatClosed) in the Immediate window.

 
Public Sub Stat_Example() 
 
 Dim vsoDocument As Visio.Document 
 Set vsoDocument = Documents.Add("") 
 Debug.Print vsoDocument.Stat 
 vsoDocument.Close 
 Debug.Print vsoDocument.Stat 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.